「自分だけの辞書」をつくろう

旅紀行と北海道のローカル情報をまとめた地域WEBマガジン

【サラ飯.2】創業から約60年!「河童鮨」で生ちらしと歴史を味わう


スポンサーリンク

こんにちは。片岡(@KT_Okey)です。

札幌市内で人が賑わっているエリアと言えば、狸小路のある南2条西1丁目から7丁目。

そんな賑わいからちょっと外れたところに、古めかしいお寿司屋さんがあることをご存じでしょうか?

 

今日たずねた「河童鮨(かっぱずし)」このお店となります。

河童鮨 外観

 

 

<河童鮨 詳細>

・所在地:札幌市中央区南3条西10丁目1000-1

 【▶Google MAP

 

・創業1961年、半世紀以上も経つ老舗?

・ 料金お手軽、香りは昔風

 

では、いざ店内へ!

 

店内は昭和の香り。歴史を感じる

店内には先客1人と、大将とおカミさん。

先客は手持ちの新聞持った、常連さんらしい。

 

湯吞みすら、どこか懐かしげ。古めかしくてよいですね。

河童鮨 湯吞み

 

外にあった看板にあったランチメニュー「生ちらし」を注文しました。

 

こちらが「生ちらし」650円

さぁきました。10分ほどで手元に届きました。

河童鮨/ランチ/生ちらし

ランチタイムの「生ちらし」650円

・サーモン、蛸、玉子、イカ白身などのちらし寿司

・お吸い物

のセットで650円。このエリアの寿司としてはかなり割安な方では?

 

 

これだけドンと盛りで、お昼に寿司が食べられる。なかなか贅沢ですねぇ。

ゆったりお茶をすすり、流れていた国会中継を観ながら頂きました。

河童鮨 生ちらし

 

 

話してみたら、想像以上に歴史がスゴかった。

食べ終わってから、店主さんと女将さんともお話ししました。

お二人いわく…

 ・元々イタリア料理や日本料理などの店で働いていて、札幌に戻ってから河童鮨を始めた

・寿司屋は「仕入れが絞られ、管理しやすい」メリットがあるから寿司で自前の店を開いた

・1961年の創業からずっと、この南3条西10丁目から移転せず店を構えていた

 …とのことだそうです。まだまだ氷山の一角かもしれませんが、とても歴史を感じるお店でした。

おそらく80歳を超えておられるはず。こちらの大将さんのように、長く仕事を続けたいものだと感じました。

 

店内はかなり昭和感があるのでどうしても好き嫌いが判れそうですが、古めかしい札幌の風景がお好きであれば、いちど訪ねてみるのも、よいと思います。

また今月末に、訪ねてみよう。現地からは以上です。

 

【河童鮨 詳細情報】

河童鮨 外観

・店名:河童鮨(かっぱ・ずし)

・所在地:〒060-0063 札幌市中央区南3条西10丁目1000-1

 【▶Google MAP

 

・営業時間:月曜日~土曜日

  昼…11:00~14:00

  夜…18:00~23:00 (店主ご高齢のため、不定休あり?)

・休業日:日曜日(個人営業のため不定休の可能性あり)