"自分だけの辞書"をつくろう

~Create "Brain MAP" yourself~

【推し家電】ルンバより安く。「ILIFE V3s Pro」をレビュー。コスパ&ハイパワー!


スポンサーリンク

 

どうも、片岡(@KT_Okey)です。

皆さんは普段、家の掃除はどうしていますか…。

平日の朝にサッと? それとも土日で一気にまとめてやりますか?

 

僕は小さなゲストハウスにいるので毎日、掃除機(ダイソン)を掛けているのですが

意外と大変なんです…。清掃業務だけでも、

・床 :掃除機でゴミ取り、ときどき床を水掃き

・布団干し:外干し、雨天の場合は中で乾燥機オン

・シーツの洗濯、干し

・水周りの清掃   などなどetc…

 毎日のように変わらないルーティン。

 正直、面白くないです!w

 

ゲストハウスのスタッフさんだけでなく、家庭の掃除をしている読者さんも…

「掃除機なんて頻繁にかけたくないわい!」

「でもホコリゴミで、ハウスダストが増えるのも嫌だしなぁー」

って思いますよね。

 

そこで考えるのは、

「掃除の時間を減らして、他の時間に回したい」というアイデア

そんな理由で「お掃除ロボットを購入することにしました!

 

  

◆「お掃除ロボット=ルンバ 」だけど、同じ能力のモノもあるよ

ロボット掃除機の代名詞といえば、ルンバ*1

ここ5,6年でぐっとその名前を聞く人も増えたはずです。

 

でもルンバはブランドイメージが強く、高めのお値段なんです。

下限は3万円から。

 

 

 

さらに「人工知能」「マッピング*2」システムを持つモデルになると10万円近くになります。高いなぁ。

(友人に見せてもらいましたが、間違いなくイイものでしたよ!いつか購入したい…)

 

 

 

ということで、

ルンバよりさらに安く

・評価も同じレベル (吸引力、網羅性)

 を求めて、レビューをもとにしてスマホをクリック。

そうしてやっと、ひとつのロボット掃除機を購入しました。

 

それがこの、ILIFE V3s Proです。

 

 

 

 

 

ILIFE V3s Proの実力と制作会社

「中国のシリコンバレー」と呼ばれる 広東省「深圳(しんせん)」にある、

Chuwi (チューヴィ) 社掃除ロボット

 

白を基調としたキレイな見た目。

どんな家にでも、なじみそうですね。

 

このタイプはペットの抜け毛に対応しており、かなり吸引力が高いモデル。

先頭にある2つのブラシで壁際に対応してくれます。

 

 

機動性もいい。壁に近づくとしっかり減速します。

"赤外線"のチカラで、壁を察知してくれるとのこと。

 

【注意】使ったり感想を見て回りましたが、

 ・ 黒い 壁・障害物に感知しづらいとのこと。

床にコワレモノを置いている場合はお気をつけてください!

 

 

ILIFE V3s Proには、3つ掃除モードがあります。

①スポット掃除…回転しながら、一箇所を集中的に掃除してくれる。

②エッジ掃除…壁際に沿いながら移動し、掃除。

③予約掃除……タイマー機能つき!

 

(基本的には、「ランダム運転→②エッジ掃除」の流れで動きます)

 

※イメージ動画

youtu.be

 

もちろんリモコンでそれぞれのモードに切り替えながら掃除も可能です。

 

 

【写真に注意!】1時間ゴミを吸い取った結果…!

最初はもちろん、からっぽの状態から。

f:id:shinK:20170820014739j:plain

 

・8畳のベッド (寝室)

・畳4.5畳の和室

・10畳分のフローリング 

の三つのスペースを掃除してもらいましたぞ……。

 

 

そうしたところ…!

(ホコリっぽい写真が出てくるので、閲覧注意)

 

 

こんなに取れました!!!

f:id:shinK:20170820014803j:plain

 

 

ダストボックスを見た感じ、こんなゴミを取ってくれました。

・髪の毛、糸など 「細いゴミ」…◎

 (ただしブラシに絡まる可能性あり、こまめに取ってあげるのがベター)

・0.1mmレベルの「チリゴミ」…◎

 (ボックスから落として叩いてみると、パラパラと落ちていく!)

・木くずなど「小さめのゴミ」…◯

 (サイズ、長さによって吸引しきれないものも)

・紙などの大きめのゴミ…✖︎

(ティッシュ、ビニール袋などの大きめのゴミは「タイヤに絡まる可能性が高い」ので、事前に除けてあげること!)

 

 

 

…いやいや、一日でいろんな人が出入りして、

チリゴミがこんなに溜まっているとは思いませんよね……。

以前はダイソンで頑張っていたけどこんなに取れたっけな…?

 

 

これだけゴミが蓄積するのに、毎日きめ細やかに掃除するのって、

労力がものすごーくかかりますよねぇ…。

 

ロボット掃除機を導入すると、こうした労力を大きく軽減できます。

極力荷物を寄せてあげると、ガッツリと髪の毛や食べかすを除いてくれます。

(ペットのいる家庭には特に推し)

 

ぜひとも「ILIFE V3s Pro」を検討してみてはいかがでしょうか?

(参考価格:¥16,800)

 

 

 

上位バージョン「V5s Pro」もあります。こちらは"水掃き"の機能付きのモデル。

(参考価格:¥ 21,800)

 

 

 

 

消耗品の「ブラシ」「フィルター」もどうぞ。

 

【追伸:2018.1.30】4ヶ月使って思ったポイント

この記事を書いたのは2017年の8月、5ヶ月経ってから感じた点をまとめます。

主に2つあります。

 

①「ブラシ」は伸ばしてあげよう!

頭に2つあるパーツ「ブラシ」なんですが…

これ結構、髪の毛がからみやすいのです。

 

ちゃんと取ってあげないと、"ガタン、ガタン"

「ブラシに乗り上げてしまうような、不自然な動き」になります。

髪の毛は取って、ブラシが広がるように保存してあげましょう。

 

 

 ②ビニールや薄い紙類には気をつけて!

ゴツいタイヤは段差を乗り越えることもできるパワフルなものですが…

ティッシュやビニールが引っかかる可能性があります。

 

うっかりタイヤと本体の間に入ってしまうと、取るのに苦労することも…。

掃除機が動きやすいよう、大きめのゴミは除けておくのがベターですぞ。

 

それでは快適なお部屋で、良い人生をお送りくださることを祈念して。(了)

*1: アメリiRobot社の代表的ブランド

*2:履歴をもとに、地図を把握する技術