"自分だけの辞書"をつくろう

~Create "Brain MAP" yourself~

高知市で秋の魚"新子"をいただく!「土佐鮨処 康」で鮨と酒をたしなむ時間を。


スポンサーリンク

 

どうも、ゲストハウス店主の片岡(@KT_Okey)です。

去る、9月が末のお話。

「お寿司食べたいな!」「あと、新子(しんこ)ってお魚食べたいっすねぇー」

「そんなら、行こうかー」

…と、友人と会話したのがキッカケ。

 

高知ご自慢のお寿司屋さんに、行ってきました…!!

 高知市追手筋のお寿司屋「土佐鮨処 康 本店」へ。

f:id:shinK:20180207011241j:plain

 

カウンター席×7、テーブル席 2つと店内はコンパクト。 

f:id:shinK:20180206133052j:plain

 

店主さんから任された、二人の職人さんがやり繰りしておりました。

f:id:shinK:20180206133107j:plain

 

「康」の店舗は3つありまして、

・土佐鮨処 康 本店

・  …    二号店

・土佐麺処 康 

 となっております。

お寿司から始まり、姉妹店・ラーメン屋と増やして高知市内に根付いています。

 

 

さて、メニューを見てみましょうか。

f:id:shinK:20180206133131j:plain

個人的にオススメなのは、

おまかせ握り (1000円)…マグロ赤身、タコ、ゲソと、リーズナブル。

おまかせ握り (2500円)…イクラ、清水サバ、キンメダイと高級な握り。

 

となっております。

最初にご注文するときにぜひ頼んでみることをオススメしますぞー。

 

 

もちろん、個別の握りもございますよ。

  「玉子いいねー」「高知ならカツオは一回頂いてみんと」

  「土佐野菜ってどんな感じなん…?」「土佐牛とはスゲェなぁ」

f:id:shinK:20180206133138j:plain

 

まずは日本酒で乾杯!

有光酒造「赤野」でスタート、柔らかな香りのお酒でお寿司ともピッタリですね。

f:id:shinK:20180206200022j:plain

 

 

「おまかせ握り(1000円/10貫)」からご注文。

一貫ずつ握られてまいります。

 

(左から 穴子、赤身、タコ…)

f:id:shinK:20180206133417j:plain

 

季節前のサバ (だったかな?)

f:id:shinK:20180206133451j:plain

 

ここで第一メイン、土佐和牛!

脂、食感…なんという柔らかなお肉なんだと驚くはずですぞ。

f:id:shinK:20180206133454j:plain

 

ふわっふわの玉子!これは美味しい!(画質乱れた…)

f:id:shinK:20180206193649j:plain

 

第二メインに差し掛かりました、カツオ!デンとくるネタの大きさ。

ニンニクが挟まっておりますぞ。

f:id:shinK:20180206200337j:plain

 

ちょっと気になっていました、土佐野菜。中には高知のお野菜"リュウキュウ"が…。

ちなみにリュウキュウはサトイモの一種 "ハスイモの茎"をさします。

(食物繊維が豊富なんだとも!)

f:id:shinK:20180206200403j:plain

 

さぁ、この日の目玉「新子(しんこ)」を注文しよう。

 

ここでちょっと豆知識に触れてみましょう。9月にオススメ。

新子(しんこ)というお魚を知っていますか?

f:id:shinK:20180206210213j:plain

 

"ソウダガツオの子供*1 "を指すのですが、

「釣ったその日に食べろ!」と言われるほど鮮度が落ちやすい、幻の魚なんです。

 

そんな新子は、8月下旬から9月下旬まで食べることができます。

10月に入るともう厳しいかなぁ…。

 

 

なんだか銀色の肌がモチっとした感じに見えませんか?

いや口に含んだ瞬間、驚くような食感とご対面できるはずです…。

びっくりしますよ。

f:id:shinK:20180206200417j:plain

 

 

ひとり当たり3000~4000円で十分に堪能できるはず。

季節のお魚ももちろんの事、9月は「新子」を狙って行ってみるのもいいですぞ。

 

ぜひ高知市内でお寿司なら「康」へどうぞ!

 

 

【詳細情報】

・場所:高知県高知市 追手筋1丁目5-1

  (Google MAP

・営業時間:17:30~翌2:30(L.O. 2:00)

・定休日:日曜日

 

*1:"生後一年未満"が基準