ファイターズ一筋20年。飯山裕志選手が引退… 一隅を照らした彼の魅力をここに残そう。


スポンサーリンク

https://i.ytimg.com/vi/hcnRiy75Z9Q/maxresdefault.jpg

 

プロ野球の世界には、選りすぐりの選手たちが、高校・大学・社会人、果ては海外の各国から集まってきます。

あまりの実力差を感じては、わずか1年で引退する人もいるくらいに厳しい世界…。

 

そんな世界だと悟ってしまっても、伸びしろを悟ってしまっても、踏みとどまる人がいます。

_「何とか活躍の場を作りたい」_

_「置かれた場所で一輪の花を咲かせたい」_

そうして道を開く選手も、この世界には存在します。

 

2017年9月15日、守備の控え選手として活躍したひとりの選手が引退します。

1997年のドラフトで入団してから一筋20年、日本ハム飯山裕志選手が引退を発表しました。

飯山裕志は今シーズンをもって、引退させていただきます。

 

―決断に至った要因は。

正直、年齢を重ねると、毎年のように考えてはいた。けがをして、1年間、1軍でプレーできずにチームに迷惑をかけてしまった。それが一番の理由です。

【日本ハム】飯山裕志引退「ケガで1軍でプレーできず決断」一問一答 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

ここでは、2017年10月3日をもって引退した飯山裕志選手について記していきます…。

 もくじ

 

 

 「大谷翔平よりも代えがたい」と称された 、飯山選手の原点は。

http://k.fighters.co.jp/hfcms/image/movie/contents/release/58a3ca2524b83.jpg

動画ページ|Fighters Farm TVより引用 東京・日本ハム時代の雰囲気を知る数少ない選手。

 

鹿児島・れいめい高校から、1997年秋のドラフトで4位指名を受けて入団。

かの高橋由伸(巨人)、川上憲伸(中日ほか) に湧いたドラフトでした。

 

飯山選手が入団した1998年当時の日本ハムには、強打の内野手が揃っていました。

田中幸雄、片岡篤志小笠原道大金子誠

のちに入団する選手の田中賢介小谷野栄一陽岱鋼

これら長打に優れ身体能力の高い選手を超えることは容易ではありません。

 

千葉県鎌ヶ谷市にあるファイターズ球場で懸命に打球を追い、

泥にまみれながら徐々に腕を磨いていきます。

 

守備職人として歩みはじめたプロ9年目。

一軍に定着し始めたのは2005年。すでに26歳となった頃です。

年齢的にも、レギュラーは難しい年代となっていました。

守備重視のチームへと変化する中で、飯山選手の出番が増えていきます。 

試合の終盤、逃げ切るための"守備固め"としての出場です。

 

2007年に最多の105試合に出場。それでも打席に立てるのは50~100回ほど。

最多でも2011年の194打席と、決してレギュラーと呼ばれる選手ではない。 

しかし、飯山選手は腐りませんでした。

 

飯山選手は、プロとしての心構えをこう述べていました。

2014年の春、35歳を迎えた頃のコメントです。

2014年4月4日のロッテ戦、この日開幕メンバーから漏れたベテラン飯山裕志選手がチームに合流した。 
今年の日本ハムはキャンプから若手たちの出場が優先され、実績のあるベテランでもスタメン落ちする試合も増えた。 
飯山は鎌ケ谷で順調に調整を重ね、この日チームに合流。試合前に話を聞いた。 

■飯山選手 
いつも通りです。小さなことですけど、確認したいこととかこなしておかないといけないことなどを丁寧に行うことが出来た。 
(中略)

_チーム年齢が若返ってきたことについて。

いいことですね。そうなっていかないといけない。ここはプロの世界ですから。 

よく出場機会が減ったり、下(2軍)に落とされたりで調子を落としたりするような話を聞きますけど、それで腐ったらプロ失格。 
そういう姿を見せないようにするのも僕たちの務めです。 

@日刊スポーツ番記者 木下コラムより 引用

  

…万全の準備を期して、試合終盤の守備に入る。

…ひと波乱も起こすことなく確実に勝利へと導くこと。

これが飯山選手にとって最大の仕事であり、

日本ハムにとって全ての選手のなかでも重要なキープレイヤーだったのです。

 

 

↑ 2014年5月13日、守備固めで出場し1安打。9回2アウトに先発・大谷が弾いた打球を難なくさばき、完封をアシストした。

 

 

守備の人が放つまさかの打撃に「E-shock」が走った!

http://cimg.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php?id=11091&contents_id=p_page_015

日本ハム 飯山裕志内野手・いぶし銀のスペシャリスト - 週刊ベースボールONLINEより引用

 

そんな守備職人・飯山選手も、実は打撃で活躍する選手でした。

普段大きくは期待していない打撃で見せる大活躍…。

ちまたでは「E-shock (イー・ショック)」と呼ばれるほどでした。

 

現役時代たった一本のホームランが、みんなの記憶に残るのだ。

最初のE-shockは2010年8月20日埼玉西武ライオンズ戦、9回裏 2アウト1・2塁。

西武の守護神・シコースキー投手と相対し、追い込まれてからの一振り。

youtubeより引用

 

 

_まさか!まさか!

守備の人が起死回生の同点3ランホームランとは…。

試合を振り出しに戻す一撃。

この後、1点をもぎ取り日本ハムはサヨナラ勝利を飾ったのでした。

 

ちなみにこのホームランが飯山選手*1キャリア唯一の本塁打

プロ入りから13年目での初本塁打は、野手ではNPB史上2番目に遅い記録でした。

 

*このほか、2012年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでサヨナラ打も、飯山選手の語り草として取り上げられています。

youtu.be

 

"一隅を照らした"飯山裕志という存在。

2013、2014年とヘッドコーチを務めた阿井英二郎氏は、飯山選手をこのように称しました。 

「一隅を照らす、これ即ち国宝なり」

この言葉は「それぞれの立場で精一杯努力する人は何事にも代え難い国の宝である」という意味だ。

先日、引退を発表した飯山裕志内野手を評するにふさわしい。

(中略)

 

 チーム力を測る際には「目に見えにくい力」が欠かせない。

私がベンチにいるときには、彼のように当たり前のことを当たり前にできる選手が控えている安心感があった。

例えば、試合で内野手や捕手が投手に返球する時、彼は万が一に備えてその背後のカバーに必ず入っていた。試合前の練習では常に最後までグラウンドに残っていた。

 

黙々と打球を追い続ける彼の姿が若手への無言の教えであった。

 

選手と非常に近い距離感で見続けてきた、阿井氏のコメントからも飯山選手の変わらぬ姿勢への賛辞がうかがえる。阿井氏はさらに続きます。

 

 会社組織でも辛い部分を担う人がいる。そこをきちんと評価してくれる人が上にいると、貢献意欲を発揮してくれる。

数字には表れづらいが、ファイターズはチームを成長させる存在として、祐志を評価していた。

(中略)

引退発表後も変わらない背番号4の姿を見にぜひ、球場に足を運んでいただきたい。祐志、20年間お疲れ様。

_2017年9月26日 北海道新聞 朝刊 (筆:阿井 英二郎) より引用_

 

 飯山選手ラストゲームは、2017年10月3日。

f:id:shinK:20170930205207p:plain

FIGHTERS 2017 FINAL シリーズ|北海道日本ハムファイターズ より引用

 

そんな飯山選手の最後の勇姿は、10月3日。

彼と同じ呼び名の登場曲「勇次」がこだまする中で登場する姿もあとわずか。

飯山裕志 登場曲「勇次」→チキチキバンバン→勝ち越しの2塁打 2014/5/18 札幌ドーム - YouTube

長渕剛 勇次 - YouTube

 

*観戦チケット購入サービス「チケットキャンプ」でも10.3公式戦チケットを販売中!

[http:// :title]

 

  

飯山選手、20年にわたる現役生活お疲れ様でした…!

 

 

【追伸】引退試合の様子が更新されました。

 

 

 

 

「入団当初を考えると自分がこんな所に立てるとは思っていなかった。たいした成績も残せずにここまでやってこれた。ファイターズでなければできなかった。本当にありがとうございました」

【日本ハム】20年ファイターズ一筋の飯山が引退試合 8回の遊撃守備から出場 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

 

 

その他の日本ハム記事はこちら。

 

www.shingokataoka.com

www.shingokataoka.com

www.shingokataoka.com

www.shingokataoka.com

 

 

 

 

*1:2017年9月30日現在