"自分だけの辞書"をつくろう

~Create "Brain MAP" yourself~

【東京ラーメン】全ての油そばファンに捧ぐ…上井草「幸来(こうらい)」行かずして、油そばは語れぬッッ!


スポンサーリンク

f:id:shinK:20180318025414j:plain

 

学生時代、ビンボーな学生時代を過ごした時の話である。

夜中にとある衝動に駆られる時があった。

 

「……肉が、食いタイ…!」

「……満腹になるまで、ジャンキーな飯を喰らわセロッ…!」

生まれながらに棲みつく、油の魔獣がうめく声だ。

 

こんな時、自転車をこいで向かったのはだいたいこのお店だった。

練馬区石神井にある「幸来(こうらい)」である。

九州豚骨系のラーメン店だが、ここの推しは"油そば"

 

おそらく日本一であろう、コッテリ・パンチの効いた油そばが出てくる。

ここに行って以来、もう他のお店のモノでは物足りなくなってしまった

それくらい、油そばの概念が覆る。

 

間違いなく、味覚に天変地異を起こしたのであった__。

 

"幸来 ~こうらい~" (西武新宿線上井草駅)

・所在地:〒177-0042 東京都練馬区石神井4丁目19−7

     Google マップ

 

・営業時間:11:00~15:00  18:00~翌6:00

      17:00~翌5:00 (火曜日のみ)

 

 

 

西武新宿線 "上井草(かみいぐさ)"駅へ行こう

新宿駅から500mほど離れた駅「西武新宿駅」から電車に揺られること20分弱。

最寄の駅「上井草」にやってきた。

f:id:shinK:20180318031734j:plain

 

機動戦士ガンダムの像がある…。

アニメ製作会社 "サンライズ"が近くにあることに由来。

発車メロディ「翔べ!ガンダム」につられて歌いそうになってしまいそうで…。

f:id:shinK:20180318031751j:plain

 

 

駅からお店へと移動しよう。

密集した住宅街を歩くため、600m 7分が長く感じるかもしれないが

待ち受ける油そばのために我慢、忍耐あるのみ…!

f:id:shinK:20180318032628p:plain

 

さぁ、たどり着いた…。ここが幸来なり。

 

 

黄色く光る屋根が目印、ここが幸来だ!

f:id:shinK:20180318033328j:plain

 

黄色い屋根が道路を走っていても目につく。

ここは昼営業はもちろん、夜は翌日の朝6時まで開いているというすごい店だ。

それだけに、学生のみならずガテン系の職業人、飲み帰りのリーマンも足を運ぶ。

f:id:shinK:20180318033348j:plain

 

 

ただしこの時は18時ごろ。先客は学生やサラリーマンといったところか…。

まあいい、ひとまず中へと入ってみよう。

 

 

店内はこんな感じ。U字型のテーブルに10人強入る店舗なり

席は丸イスが12個ほど、U字型に席ができているのが特徴。

創業30年以上のお店で、喫煙OKなのでタバコを避けたいなら入り口左側をオススメする。

f:id:shinK:20180318033140j:plain

 

 

入り口もっとも左側にある券売機で購入する、「事前支払い」制だ。

f:id:shinK:20180318042259j:plain

 

ここのメニューはざっくり記すと、

・ラーメン 680円

・チャーシューメン 950円

・つけ麺 880円

油そば 850円 (大盛り+100円、その他期間限定品あり)

 

・コーラ、オレンジジュース清涼飲料水系

・ビール(キリン)

 

・トッピング…メンマ、チャーシュー、ゆで卵…

となるのだが、

僕はダンゼン油そば」一択 である。 

 

 

「あれっ、君むかし来ていた?」

学生時代に見知ったスタッフさんと再会した。

f:id:shinK:20180318032821j:plain

f:id:shinK:20180318032812j:plain

 

昼はオーナー(?)のおばさまが店頭に立ち、

夜は体格のいいお兄さん方が調理場にいることが多い。

 

お兄さんとは、かつての同輩の話で盛り上がる。

「君と来てたのは…I君だったけなぁ、元気してるかな彼?」

「元気してますよ、まだ学生やってるみたいですけど」

 

「あぁこんな話もあったけな…アイツしょっちゅう来てたよなー」 

「よく後輩連れてた記憶ありますよ…あとは…」

 

 

調味料は「にんにく」「ラー油」「紅しょうが」「お酢」の4つがメイン。

f:id:shinK:20180318032906j:plain

 

 

 

「お待ちどうさま、油そば…どうぞ!」

青春の味、「幸来の油そば」と1年ぶりに対面。

f:id:shinK:20180318025423j:plain

 

見るからに脂乗りのすごい"チャーシュー"に、味がのった"煮卵"が待ち構える。

"青海苔"城の前、"細ネギ"門前で仁王立ちだ。

f:id:shinK:20180318025341j:plain

 

 

チャーシューをプラスアルファで注文し、この分量になった。

普通盛りで300gほど(大盛りで450g)ほどと推測されるので、食の細い人は絶対に普通にしよう。

f:id:shinK:20180318025414j:plain

 

 

麺は中太麺、かなりクッキリとした黄色が特徴的。

器の底にある脂を混ぜ合わせながら、ほおばっていく。

脂、細ねぎ、焼きのりが絡みあい、食欲をくすぐられ続ける…。

止まらない、止められぬ。

f:id:shinK:20180318033054j:plain

 

「ウマイゾ……!モット喰らえ………!!」

魔獣は少しずつ興奮が収まっていく。

 

 

 

途中で擦りおろしのニンニクをどっぷり入れる。

これ、高知産だったらいいのになぁ。

f:id:shinK:20180318032855j:plain

 

紅しょうがも入れよう。

さらに色鮮やかになり、こうなればもう一気にがっつき、喰らいに行く。

f:id:shinK:20180318032846j:plain

 

 

もはや混ぜ合わされたコテッコテの麺、よく熟した卵、チャーシューに、

こうなればもう、魔獣は声をあげ、鎮まっていくしかない…。

f:id:shinK:20180318042355j:plain

 

あっという間に、完食ッ……!!

食えば、あっけなきもの。

f:id:shinK:20180318040741j:plain

 

兄さんと談笑し、また会うことを約束して店を出る。

f:id:shinK:20180318040757j:plain

 

 

次に訪れるのはいつだろうか…。

その日が来る日まで、どうか沢山の人々に訪れて見て欲しいと思う。

f:id:shinK:20180318040601j:plain

 

 

 

_間違いなく、幸来は自分の脳に刻み込まれていた。

ここに並ぶ、脂たっぷりの油そばには、いつ出会えるのだろうか。

そう信じて、上井草駅へと歩いていくのだった__。

 

 

 

「我こそは脂好き哉!」「油そばに燃える者」

という輩たちへ、この記憶を捧げよう_。

 

https://www.instagram.com/p/BRwtaruBq6V/

東京が、嫌いになってしまった。僕は、四年前と変わってしまった。けど、ここの味はかけがえのない味だ。「また、食べにおいで!」ありがとう、お元気でお過ごしください。#東京#tokyo#上井草#幸来#油そば#aburasoba#こってり#oily#世界でたった1つの味

 

【※解説】ここまで脂ギッシュな油そばも珍しい…

というわけで、片岡(@KT_Okey)です。

東京時代や他地域の油そばを食べたことがあるのですが、

だいたいアッサリした味が多いんですよね……。

チャーシューやラードの脂感がなく、正直物足りなく思ってました。

 

幸来の油そばは九州豚骨ラーメンをベースにしているのか、かなりコッテリ。アブラ感が非常に強いです!

…いやぁ、ここまで味の主張が強い油そば、滅多に出会えません。

 

油そばファンの方は、絶対に足を運ぶべきお店です。

ぜひとも上井草へどうぞ!

 

 

 

 

※詳細情報はこちら。

・所在地:〒177-0042 東京都練馬区石神井4丁目19−7

    Google マップ

   西武新宿線「上井草」駅から徒歩8分(直線距離600mほど)

 

・営業時間:11:00~15:00  18:00~翌6:00 

      17:00~翌5:00 (火曜日のみ)