【日記 No.3】高知はラーメンも美味しいです…麺所遍歴をまとめよう。


スポンサーリンク

11.3の日記です。今日もまたよろしくです。

てなわけで毎度どうも、カタオカ(@KT_Okey)です。

 

高知に来てからというもの、ちょくちょくラーメン店に訪ね歩きました。

東京時代の習慣(悪習?)で、「どか盛りのラーメン」「油そば」「横浜家系」があれば試しに注文して見ることもしばしば…。

 

二年間のラーメン遍歴をリストアップしてみますね。

 

①とさの家(や):高知市はりまや町

f:id:shinK:20171104034139j:plain

東京で修行した店主さんが、高知に帰郷して立ち上げたラーメン店。

「横浜家系」と称され、「①コッテリ豚骨醤油ベース ②ネギ・焼き海苔・ホウレン草のバラエティ ③米飯と合わせる」のが特徴。

 

スープに浸した海苔をお米に巻いて食べると… 続きは現地でぜひどうぞ。

はりまや橋ゲストハウス」からも歩いて2分です。

 

【詳細情報】

 店舗場所:高知県高知市はりまや町1丁目4−22 川崎ビル 1F 

 営業時間:11:00~24:00 (休業日 月曜)

 

 

②ラーメン輝(てる):高知市鴨部

f:id:shinK:20171104034100j:plain

東京時代に染まった悪習(?) のなごりで、何度か足を運んだお店。

どか盛りラーメンの象徴「二郎系」と称される。

食べた感じ「野菜がアッサリしている」ので食べやすい…。

(金輪際、この量のラーメン店は行かないと思います。この年齢になって胃がもたなくなり、小麦が体に合ってない…)

 

【詳細情報】

 店舗場所:高知県高知市鴨部2丁目3−20 カーサ鴨部

 営業時間:11時00分~14時30分, 17時30分~21時00分 (定休日:水曜)

 

 

 

③豚太郎 :高知県内チェーン (撮影場所は高知市高須)

f:id:shinK:20171104034009j:plain

"カツオのたたき"や "オーロラソースのチキン南蛮" に隠れた「たまにその存在が出てくる高知ローカルのグルメ」のひとつ。

味噌ラーメン with トンカツ という、なんとまぁジャンキーな一品で…。

モヤシとネギだけじゃ野菜足りませんなコレは。

 

「高知ローカルのメシを食べるぞ!」という方は一度試しに伺ってみてください。

 

【詳細情報】豚太郎 店舗の案内

www.tontaro-kochi.com

 

 

 

 

④(閉店) 俵蔵 (たわくら):高知市神田(こうだ)

f:id:shinK:20171104034158j:plain

わずか4ヶ月のみの営業であった、幻のラーメン。

②の「輝」と系統はほぼ同じ【二郎系】にカテゴライズされるも、

これは…「ラーメン大」を思い出すなぁとしみじみ。 (細かい話ですが)

(金輪際、この量のラーメン店は行かないと思います。この年齢になってからといu [以下略] )

 

⑤宮本屋:高知市南はりまや町

f:id:shinK:20171104040341j:plain

東京を元祖とする「大勝軒」の系譜を持つラーメン店。

【健康志向、高知の産品にこだわり】と謳うだけあってここが個人的ベスト。

 

写真は油そばより。

油そばというよりは、混ぜそばのような感覚でした。

 

【詳細情報】

 店舗場所:高知県高知市南はりまや町1丁目6−1 梅原 ビル 1F

 営業時間: 11:00~15:00 17:00~22:00 (月曜のみ11:00~14:00)

 

高知はラーメン激戦区ながよ!!

意外にも、高知県はラーメンの激選区でもあります。

傾向としては「県外で研鑽を積んで、高知に戻って素材を引き立てた一品を作る」お店が多いなぁと。

 

それだけに、宮本屋のような"素材重視" "健康志向"というのに共感できるなぁ…と思う次第であります。

 

高知県は魚も、豚も和牛も美味しいですが、ひとつラーメンを尋ね歩いてみてはいかがでしょうか…。

 

このほかには、

つけ麺 蔵木 (くらき、高知市帯屋町 同系統の「ソライロ」もオススメ)

ラーメン 二星 (にほし、高知市愛宕町)

鍋焼きラーメン 康 (やす、高知市帯屋町)

 

の三店舗は、高知市観光の満足度がグググッ…!と上がるはずです。

ぜひお試しあれ〜。

 

(明日は仁淀川町に行く都合で短めになります。今日もありがとうございました。)