Re-vival from Kochi.

北海道出身の筆者が、祖父のルーツを求めて高知県に戻りました。ブログを書くことを通じて、もう一度生き直します。

【ご報告】ウォーリー「はりまや橋ゲストハウス」の宿主しております。


スポンサーリンク

これ言いそびれてしまったのですが、こんなこともやっています。

少しばかりの告知ですが、よろしくどうぞ!

 

はりまや橋ゲストハウス」の店主しております。

 

高知に来たばっかりの2日目の時、紹介いただいて泊まったのがこの宿。

学生の頃に触れて好きになった、残る昭和の空気感に惚れました。

 

 

そんなわけで、ちょこちょこ事業をお手伝いしていたのですが、11月末から店主業をしております。

 

創設360年余りの、高知最古の商店街にあります

f:id:shinK:20170301040104j:plain

2月中旬、夜19時ごろに撮影。雪と寒さで、近隣はさすがに早く店じまいをしていましたね…

 

1661年、土佐藩三代目藩主の許可を頂き、高知で初めて開かれたのがこの「魚の棚商店街」であります。その名の通り、魚屋を中心とした商店が広がっていました。

現在は多角化して、お惣菜・野菜・果物・花屋・居酒屋…さらにはUKロック調のバー・3D模型を主な商材としているお店もあるくらいです。

 

高知市の中心部にあるので、坂本龍馬武市半平太を始め、多くの著名人がこの商店街を訪れています。

 

 

Booking.comでも好評価をいただいています。

f:id:shinK:20170301040956j:plain

勤めてくださった皆さんの努力もあって、Booking.comのレビューでいい評価をいただいています。

 

f:id:shinK:20170301041008j:plain

ここが共用スペース。4畳半の小さなスペースですが、たくさんのゲスト様同士が日々交流しています。

 

http://i0.wp.com/henro-guesthouse.com/harimaya/wp-content/uploads/2015/08/Harimaya-Room-111.jpg

ドミトリーは、2段 × 4個のベッド。パッと素泊まりするには丁度良いくらいです。

 

ざっくりしたご紹介とはなりますが、高知県に何かイイきっかけがありましたら高知県にお越しください。こちらはその橋渡し役になりますので、よろしくどうぞ!

 

www.booking.com