【日記 No.2】暖かな初冬の高知市!たくさんの頂き物に感謝御礼。


スポンサーリンク

11/2の日記です。どうぞよろしくお願いします~。

 

頂き物に溢れてました。

①実家から、北海道産のメークインをいただきました。

f:id:shinK:20171103025329j:plain

 

近隣のコロッケ屋さんと話している中で「北海道のジャガイモは大きいねぇ。高知のモノはもう少し小さいわね」というのが印象的。

f:id:shinK:20171103030111j:plain

 

実家に住むみなさんありがとう!

カレーやシチューに使わせていただきます。

 

 

近くの魚屋さんからにおすそ分けすると、シイラの切り身をいただきました。

炭火で焼かれた身は香ばしくて力になります。

f:id:shinK:20171103030321j:plain

 

 

 

【思い出話】移住した理由の一つ自分の家のルーツを探しに。

この話、いくらか見知った方には話していたのですが…。

高知県にある自分の家族のルーツを探し」にも来たのですよ。

 

 

高校生くらいに初めて祖父から、

「高知にいたよー。ほんの小さな時ね」と樺太の手ぬぐいを干しながら話してくれました。これが高知県との縁のはじまり。

だいたい8年前、2009年ごろかな。

 

その頃NHKの特集で「戦前の体験談を語れる方の動画を撮る」募集をしていたはず。その時に僕も話もっと聞いてみたい!残さなきゃみたいな使命感が芽生えたのですよ。

 

しかしその時は受験勉強の真っ只中。

そんなことも忘れ、没頭している最中で祖父は老衰が来てしまい、そんなことも聞けずじまいで亡くなりました。

 

 

この後悔があるから、記録することに興味を持ったわけです。

で、このブログが立ち上がったわけですよ!

 

 

僕はどうも地縁を感じるところからやる気が湧くらしく、

「おじいちゃんの生きた高知県

「降り立ってすぐあ、この感じ好きだわと思ったタイのことを

「生まれ育った北海道の記録を

といったところが引き金に、手が進むのですね。もっと早くこの【日記】というカテゴリのアイデアが出てきたらポンポンかけたのになぁ

 

 

あ、ちなみに先祖のルーツは見つかったのかって?

見つかりましたよ!

f:id:shinK:20171103030916j:plain

↑ 祖父が生まれた住所近く。現役の農家さんで、畑が一面に広がっていました。

 

 

 

高知県仁淀村(現:仁淀川町)まで、20年前に届いたハガキの住所をもとに探し、現地の人に聞いて行ったら親戚がいたのです

f:id:shinK:20171103031050j:plain

↑ 畑や、林業開墾のあとが見える。

 

仁淀川町高知県の山あいの町で、山上に家が立ち並ぶ地域。

「こんな険しいところでも家を作れるのか…」と、人の力を感じますね…。

 

ちなみに、祖父の父(曽祖父)は大工だったそうで、いちど理由あって北海道から仁淀村に戻ったときには「自ら家を作って、数年間にわたって畑を耕しながら暮らしたのちに北海道に戻っていった」と住む親戚の方は話しておりました。

現地に来なかったら、こんな話も聞くこともなかった…。

 

 

それからというもの、仁淀川町には2年間で5度も訪ねることができました。

一番最初に出会った、親戚の方と涙したあの日は忘れられませんね…。

このことはまた年表チックにまとめてみたいと思います。

 

今日もご高覧いただき感謝御礼です。

したっけ、また明日に!