Re-vival from Kochi.

北海道出身の筆者が、祖父のルーツを求めて高知県に戻りました。ブログを書くことを通じて、もう一度生き直します。

片岡慎悟のプロフィール/My profile "Shingo KATAOKA"


スポンサーリンク

「Re-vival from Kochi.」に、ようこそ。

当ブログは「地域情報・ライフハック」を軸に、記録していくブログサイトです。

 

……というわけで、プロフィール更新しました。

海外ユーザのために、ところどころ英文を織り交ぜてますが、どうぞ。

 

 

 

 

 

自己紹介 -My Profile-

片岡 慎悟 (Shingo KATAOKA)

ニックネームはウォーリーです。呼んでくれると嬉しいです。

 

My nickname is "Wally". I'm glad to call Wally.

f:id:shinK:20170101190955j:plain

 

=======================

 

1992年、北海道生まれ。2016年中央大学経済学部卒業後、イケダハヤト氏の縁故で高知県に移住。

【参照】「まだ東京で消耗してるの? (Are you still depleting in Tokyo?) …Only Japanese ver site.

 

高知県をキャリアの一歩目に選んだのは、①「片岡」家のルーツがあったこと ②現地を視察し、この目で見たかった ③全てをゼロからやり直し、スキルを積み上げるため。

  ======================

 

 

主な活動ジャンル・テーマ

現在は、

「 旅行会社・地域系メディアへの寄稿」

 「はりまや橋ゲストハウス・店主」をするかたわら、

 

「片岡家の歴史」「高知から北海道への移住」を探っています。

 

 

【執筆・制作のお仕事】

ご依頼は、

https://www.facebook.com/shingo.kataoka.12 までお願いします。

メールとかほぼ見てないので、上のみです!

 

・ウェブ記事

地域情報、旅行情報の記事作成を承ってます。文字レートはご相談ください。

(例:地域の歴史、旅レポ)

「魚の棚商店街」の歴史をたどる~高知市には3つの「魚の棚」があった~ | EIMONS

 片岡 慎悟のプロフィール・掲載ガイド | トラベルjp<たびねす>

 

・英語翻訳

各店舗の英語翻訳を承っています。「外国人向けメニュー」などの作成が可能です。 

 

 

Wordpress設置&移行

「ブログの制作依頼」「レンタルサーバー独自ドメインWordpress」への移行、

サイト運営に関するご相談とサポートを承っています。

 

【広報】

・ゲストハウスを利用した広報

はりまや橋ゲストハウス Facebookページ」を利用したプロモーションを承っています。なお「高知県」「ゲストハウス(ホステル)」に関連した内容に限定します。

 

・コンサル

こちらから、ゲストハウス店主による「高知県観光」 をサポートをします!

ネットショップ「BASE」よりどうぞ!

 

 他メディア掲載

第165回【日本 / 高知市】ローカルライター・高知のウォーリーがゆく 前編 | 世界発信!旅人に訊こう

第166回【日本 / 高知市】ローカルライター・高知のウォーリーがゆく 後編 | 世界発信!旅人に訊こう

 

 

【補足】「なんで北海道から高知県に来たの?」

※1年前には、よく聞かれました。

「なんで、新卒で就職しなかったの?」

という問いもたまーに聞かれるので、ここで回答をまとめました。

 

僕は、

「新卒就職で、やりたいことがなかった」

と答えてます。

特別優秀というわけでもない自分は、挫折に挫折を重ねて、やりたいことを全て失ってしまいました。

 

 

「何もしたいことがわかっているわけでもない。むしろ夢も何もかも喪失した自分が、なぜ知りもしなかった会社を受けているのかって?」

「それはただ、自分の保身のために他ならない。肩書きがない"新卒フリーター"となるのが怖いだけだ。」

「そうなった未来はどうなる?ただみんなから蔑まされるだけさ。」

 

 

 

そんな思いを抱いてしまった僕は、

何故かトントンと選考が進んだ、とある会社の最終面接で、

とち狂ったことを言ってしまいました。

 

「また一から出直してきます!」

 

なんで言ってしまったのかこの時は分かりませんでした。

僕は4年生の8月にして、進路をなくしました。

優秀でもなんでもない自分に、急にスペシャルなオファーが来る…

 

はずもありません。

僕は「就職活動の敗者」として、世間から憐れられるようになりました。

 

「もう諦めて、向いている方面行けや」

 

「現実を見な。お前の働きぶり見ても、欲しいなんて思えないから。もう一年リベンジしたほうがいい」

 

(余談ですが、この言葉を思い出すだけで、目まいがしました…

こうした全てのアドバイスに「みんな自分のこと馬鹿な奴だと見やがって!やりたいことなんてないし、スキルが足りないなら何をしろってんだよ!」と声に出せなかったことを思い出しますねぇ…)

 

 

 

憂鬱な10月~12月を部屋の中で過ごしつつも、

時間を作っては会いたい人に会いに行きました。例えば、

 

・「ブロガーの第一人者・地方移住の流れを作った」イケダハヤトさん(to高知県)

 

・その「高知県から石川県に移住された」坂本実紀さん(to石川県 、なおその時は会えず翌年の7月に初対面することに)

 

・キャリア相談で、エンジニアを推してくれたTさん

・アナウンサー志望からマーケッターへ転身した友人Y

・海外への新卒就職を決めた、友人R

…あとは忘れているかもしれませんが、何かヒントを掴もうと日本各地を巡りました。

 

そうしてやりたいことは何だろうか?

と再考。自分の昔、好きなことって何だったろうか?

 

そうして、

「書く仕事」「場所を作る仕事」「歴史を辿る仕事」をしたいという結論に辿り着きました。

 

そうして、今は高知県に移り、好き勝手に仕事させてもらってます。ここまで、なんとか生き長らえさせてくださった皆さんに感謝です。

 

 

 

 

 

 

【記事セレクション】 

①北海道

 

 

 

 

 

 

②野球

私は北海道日本ハムファイターズファンです。

この球団の持つコンセプト、理念を支持しています。

 

「野球ほど行間のあるスポーツはない」と私は感じています。

「野球とは筋書きのないドラマである」と言われたように、野球には無限の物語があります。

 

この素晴らしいドラマには、必ず伏線があります。言い換えるならばプロセスです。

「身体能力」「技術力」はもちろん、「心理的要因」もまた大きな理由になります。

 

その「心理」を左右するのは何か?

「言葉の力」です。 

誰かが投げかける言葉。その言葉の根拠。

発言した選手・監督がそうなった背景…。

いろんな要素が存在します。

 「野球は言葉のスポーツである」を理念に、言語化していきます。

 

 

 

ー好きな本 5選ー

✔️ 未徹在栗山 英樹

いちばん憧れるプロ野球監督の1冊。"言葉より強い武器はない"。

 

✔️「人間にとって成熟とはなにか」曽野 綾子

"美しい"心のあり方を見つめ直すための本。開き直りたい時に。

 

✔️「人生計画の立て方」本多 静六

教授でありながら投資家として大成した。僕のこれからの指針。

 

✔️「チープ・シック

いいものを、長く着よう。ファッションの原点となった本。

 

✔️ 「逆風に立つ」伊集院 静

小さな頃からのヒーロー、松井秀喜

そんな彼を、敬愛して止まない小説家の随筆。

 

 

活動実績

・Travel.jp「たびねす」寄稿…

プロフィール・掲載ガイド | トラベルjp<たびねす>

 

・「はりまや橋ゲストハウス」店主…

はりまや橋ゲストハウス|1661年から続く、魚の棚商店街内の和風モダンゲストハウス

 

 

※プライバシーポリシー

当ブログでは、Google AdsenseAmazon AffiliateA8.netなどのアフィリエイトによる収入を得ています。

 

当ブログサイトで紹介する商品・サービス・店舗は筆者個人の見解・評価によって紹介されたものとなります。

 

自らで判断し、選択した結果として損害を被った場合の責任は負いませんのでご承知願いますようお願い申し上げます。

 

メッセージ・連絡先

 

お問い合わせ

Facebookhttps://www.facebook.com/shingo.kataoka.12 (こちらで受け付けます)

Gmail:ktok.production.a10lasあっとgmail.com ("あっと"を@に変換)

 

f:id:shinK:20170220234546j:plain

 

 

 

昨年(2016年)よく読まれた セレクション。