道民なら、いや全地方民は、一度は東京で生活してみた方がマジでいい。3つの理由


スポンサーリンク

ぼくは今、高知県に居ります。いや住んでます。住民票も移しました。

こんな縁を作ってくださり感謝御礼です。いやはや…。

 

こういう縁が紡がれてきたのは、東京に出ることができたおかげです。

東京で色々触れなければ、今の縁にたどり着いてなかったわけですから。

 

 

 

受験生だった僕は、東京に憧れた。

 

地元には“天下の”北海道大学(北大)があるんです。

あ、知らない人に話しておくと北海道は”北大信仰”が強く、進学校に進むと進路希望表に「とりあえず、北大希望」と出す人が多いんです。

僕もご多分に漏れず北大を目指し、夢見ていた一人です。

http://www.city.sapporo.jp/ncms/shimin/heiwa/rekishi_senseki/senseki/images/kakudai/10b.jpg

 

なぜ行きたかったか?

北海道大学には全国から学生が集まる大学で、道内で唯一(?)人種のるつぼみたいな場所だったのです。

実際、入学者の半数以上は道外出身者で占められています。

「道外の人はどんな環境で生活して来たのだろう…?」

「そんな所へ行きたい、憧れる…!」

 

 

しかし、全科目を満遍なく点数を取らなければ、入学することができないのです。

僕の実家から10kmもない所にあるのにも関わらず、近くて、遠い存在。

 

ならば、北大に代わる環境に身を置きたい。
そうだ、東京に行こう。



時間の限られていた僕は、家に頼み込んで東京に行きたい旨を伝え、了承してもらいました。

一浪を経て住むことができた東京、その空気。何者にもなれそうな気持ちでした。

この空気感は、味わっておいてよかったです。マジで。ありがとうございます。

 

 

東京に出て、住んでみたほうがいい3つの理由

 

 

 

①東京は、人種のるつぼだ。

 

地元から出ると嫌が応でも出身者マイノリティーになります。

そうなると、自分の地元のことを聞かれたり、誰か他県出身者に聞いたり。

新しくできた友人と話していると方言だって勉強になります。

※一部の友人から付けられたニックネームには「北海道(の人)」「石狩鍋(の人)」なんて呼ばれたこともありました。いや超適当すぎでしょ!(笑)

 

そうこう色々話しているうちに、明快に答えられないコトが出てくるわけです。

例えば、「ねぇねぇ、知床ってどの辺にあるの?なに町にあるの?」「アイヌっているけど、今もいるの?」「留辺蘂(るべしべ)ってどこなん?」とかとか…。

 

 

スパッと返答できない場面に出会うと「あぁ、不勉強だなぁ自分…」と感じたりするわけです。

逆に、全く足を踏み入れたことのない地域の人と話してみて、興味がわいてきたりするわけです。

 

こうした刺激は、生きてきた背景の違う人々の集まるコミュニティに飛び込むこと、とりわけ東京の生活環境にいちど飛び込むことで容易に得られるものではないでしょうか。



余談ですが、ざっと「"北海道の気質”や”文化”を知る」際、これが役立ちました。文庫ですのでさっとポケットからも取り出して読んでいました。 

 

 

②東京は、似た者同士を繋げてくれる。

 

…ファッション、起業、スポーツ、有志、食事…などなど自分の興味のある事柄。

自分の興味あるコトですぐに仲間が出来るのは、(窮屈に思えるほどに)人が多く、集まりやすいからこそですよね。

あとはそんなプラットフォームになりうる拠点(新宿、渋谷など中継地点)が多数あるのはいいですよね。

 

※札幌学があるなら、逆もあるでしょ…と思ったら…

 

あるんですよね!これが!!東京学もオススメです。



 

③東京は、地元の価値を映してくれる。

 

…自分のいた地域と違って、人が豊富で活気盛んな東京。それと対照的な自分の地域。

東京に住むことによってそのコントラストが鮮明に映ります。

 

つまり、全く違う環境に一度身をおくことで地元のブランド力や魅力ってこうなんだ〜とまざまざと感じることができましたし、ますます北海道への思いを強くしたキッカケになりました。

 

 


「足し算」してから引き算してもいい。だから一度は生活してみては?

 

…よく東京に住むメリット・デメリットと言うと、強引に3つにまとめてしまえばこんな感じでしょうか。

 

メリット

 ・人多い(趣味、価値観・志近い人etc)

 ・仕事多い(IT、クリエイティブならなお)

 ・店多い(居酒屋、カフェetc) 

 

 

デメリット

 ・コスト高(不動産は特に)

 ・自然が遠い

 ・災害、自給弱すぎ

 

 

…まぁ、こうした賛否論は出してしまえばキリがないですが、こうした意見は実際に住んでみないと肌感覚が湧きませんよね。

 

こうした東京論が「上から目線ダー」とかよく燃えてましたが、


結局のところ、

 色んな環境に身を置いたうえで、「自分にとって何が大切な価値観、原則(プリンシル)なのか?」

を見極るのだ。その為のアンテナを張るのだ。

ということでしょう。
僕に関しては、実際住んでみてから、東京より上回るものがあるから、脱・東京したんですけどね! 

 

 

まとめ

したっけ、地元を離れましょう。あなたのアンテナを立てるために。

でも、離れることは決して地元と疎遠になることではないですよ。


 

これからインスピレーションを得た 関連記事はこちら。

www.shingokataoka.com

www.shingokataoka.com