Re-vival from Kochi.

北海道出身の筆者が、祖父のルーツを求めて高知県に戻りました。ブログを書くことを通じて、もう一度生き直します。

「思い立ったが吉日」弾丸ツアーも学生の特権だ。


スポンサーリンク

先週、高速バスで高知県に行きました。
キッカケはFacebook付属のアプリ"Messenger"で送ったこのメッセージ(一部変更あり)。
イケダハヤト様
■お初お目に掛かります。先日、相談室でお世話になりました。カタオカと申します。
「直接お会いするご機会を頂けませんでしょうか。」

理由は2点ございます。①…(以下略)  



お!中大の学生さんでしたか〜。個人的な事情ですが(中略)、
来ていただいても会えないリスクもあるんですが、それでもよろしければ10月末あたり(10/23~27)が空いてますので日程会えばぜひ〜。 

というわけで高速バスを予約し、突撃したわけです。(イケダさん、ありがとうございます)

22日
21:15 東京・新宿発

23日
08:30 高知駅着、レンタカー借りる

10:10 本山町着、イケダハヤトさんに会う、某カフェへ
15:00 本山町発、借りたレンタカーを活用し「桂浜」「高知城」へ
18:20 高知市内で夕飯
20:30 高知駅発

24日
08:20 東京・新宿着


高知市に居たのは12時間キッカリ。名所に行く余裕なんてありませんでしたよw

桂浜に居たのは20分、高知城に至っては10分くらいで、
写真撮ったら
ハイ、撤収!」
くらいのスピードでした(苦笑) 

けど、こんな吹っ飛んだ企画しても面白いですよ〜。


学生という身分は、社会人と会うには最高の特権だ。

単に人とお会いするには最高の肩書きですよ。

例えば、堀江貴文さんにお会いしたいと思うじゃないですか。
「直接会って話を聞きたい!」
「いや、俺は自分のビジネスモデルを深めるために意見をもらいたい!」
「認めてもらって融資してもらいたい!」 

 
ではメッセージをしましょう。今すぐに。

すると、
「イヤ、そこまでは…ネェ」
と足踏みしちゃうわけです。


けど、学生って失敗とか成功やら経験してナンボの世界です。
社会人に比べたら責任は軽いですし。

みんな、学生は0からのスタートです。小学校・中学校・高校時代の自分とは
オサラバできる大きなチャンスなのですから。

思い立ったが吉日、すぐ行動にしてみましょう。

@石川県 金沢市 スターバックスより…