"自分だけの辞書"をつくろう

~Create "Brain MAP" yourself~

札幌市でアイヌ文化を知る…「ピリカコタン」へ足を運んでみよう


スポンサーリンク

f:id:shinK:20180707162348j:plain

 

先日、6月下旬に九州から友人がやってきました。

お互い関心のある「アイヌ文化」を見てみるべく、札幌市内に文化施設があるということで行ってみました。

 

【Point】

・温泉地帯にほど近い、札幌市南区にあり

・手にとって当時の道具や素材が肌でわかる

・建造物も再現されており、再現度は非常に高いのでオススメ

 

 

もくじ

 

ピリカコタンへの行き方は?

目的地は「〒061-2274 北海道札幌市南区小金湯27」となります。

自動車を使うとだいたい40分ほどの場所。

   ※参照リンク:Google マップ

 

公共機関を使うとなると「じょうてつバス」を利用することになります。

じょうてつバス」…路線「快速7」「快速8」「かっぱライナー」

【乗車】"札幌駅"  "大通西1"  "すすきの"  3つのいずれか

 

  札幌駅定山渓温泉行き(快速7)(快速8)

  札幌駅から豊平峡温泉行き(快速7)

  いずれも所要時間60分ほど

【降車】小金湯(こがねゆ) で下車のち、徒歩5分

 

f:id:shinK:20180707162441j:plain

 

 

バスに揺られること40分。札幌市の南区へやってきました。

f:id:shinK:20180707161816j:plain

 

札幌の南部は温泉地帯となっているのですが、この地帯にアイヌ文化にまつわる施設があるということで行ってみました。

f:id:shinK:20180707161837j:plain

 

 

信号を渡り、道路脇の道へと下っていきます。

f:id:shinK:20180707161855j:plain

f:id:shinK:20180707161904j:plain

 

f:id:shinK:20180707162022j:plain

 

道路をはさんで「小金湯温泉」の隣。温泉にも入ることもできますよ。

f:id:shinK:20180707161923j:plain

 

 

ピリカコタンへと入場。まずは施設の奥へと

f:id:shinK:20180707164755j:plain

 

建物の奥へ行くと「展示室」へと行くことができます。

拝観料200円と、破格。

めっさ安く感じるのは私だけでしょうか?

 

というのも、当時の道具を手にとって見ることができるのですよ!

(もちろん再現した模造品…とはいえビックリです)

f:id:shinK:20180707164804j:plain

 

狩猟道具や仕掛け罠に、料理・祭事で使われた貴重品が再現されています。

f:id:shinK:20180707164815j:plain

 

アッ、「ゴールデンカムイ」で見たメノコイタだ!

(まな板と皿が兼用できるというスグレモノ?文様がとても綺麗)

f:id:shinK:20180707164831j:plain

 

 

 

f:id:shinK:20180707165719j:plain

 

鮭(さけ)・鱒(ます)の皮で、服ができるとな…?(驚愕)

f:id:shinK:20180707165731j:plain

 

動画で昔話も聴けます。(「カムイ(神)が、自然界の至るところにいるのですねぇ。)

こぶとり爺さんに通じる話もありました。

f:id:shinK:20180707165802j:plain

 

f:id:shinK:20180707170138j:plain

 

 

アイヌの文化や精神性に関心があります

さて、私は北海道に戻ってきた側ではありますが、

離れてみて少しずつ北海道が歩んだ歴史や文化に関心を持つようになりました。

 

海外の友人に「アイデア、デザインに惹かれてる」という方にも出会いました。

自分なりに深めてみようと、そうして書籍を漁ってみようという次第であります。

 

 

 

詳細情報

営業時間:9:00~17:00 (館内展示室、庭園)

定休日:月曜、祝日、毎月最終火曜日、年末年始(12月29日~1月3日)

 

所在地:〒061-2274 北海道札幌市南区小金湯27

Google マップ