「自分だけの地図」をつくろう

~Create "Brain MAP" yourself~

【レビュー】ルンバより安く。「ILIFE V3s Pro」がとても気に入ったのでお伝えするよ!


スポンサーリンク

どうも、片岡(@KT_Okey)です。

皆さんは普段、家の掃除はどうしていますか…。

平日の朝にサッと? それとも土日にまとめて一気にやりますか?

 

僕はゲストハウスにいる都合、毎日のように掃除機(ダイソン)をかけているのですが。

これが、意外と大変なのですよ……。いつも掃除するのは、

・床 (掃除機でゴミ取り、たまに床を水で掃く)

・布団(外に干す)

・シーツの洗濯(+干し)

・水周りの清掃   などなどetc…

 毎日のように変わらないルーティン。

 正直、面白くないです!w

 

小さなゲストハウスをして毎日のように掃除している僕と同じく、

家庭の掃除をしている読者さんも

「掃除機なんて頻繁にかけたくないわい!」

「でもホコリゴミで、ハウスダストが増えるのも嫌だしなぁ…」

なんて思いますよねぇ。

 

そこで、掃除機を自動化することで、

掃除の時間を減らして、他の時間に回したいところ

という理由で「お掃除ロボットを購入することにしました。

 

 

「お掃除ロボット=ルンバ」なんだけども…

ロボット掃除機の代名詞といえば、ルンバ*1

ここ5,6年でぐっとその名前を聞く人も増えたはずです。

 

でもルンバはブランドイメージが強く、高めのお値段なんです。

下限、3万円より。

 

 

 

さらに「人工知能」「マッピング*2」システムを持つモデルになると、10万円近くになります。

(知人に見せてもらいましたが、間違いなくイイものでしたよ!)

 

 

 

 

 

ということで、

ルンバよりさらに安く

・評価も同じレベル (吸引力、網羅性)

 を求めて、レビューをもとにして探しました。

そうしてやっと、ひとつのロボット掃除機を購入しました。

 

それがこの、ILIFE V3s Proです。

 

 

 

 

 

ILIFE V3s Proの実力と制作会社

「中国のシリコンバレー」と呼ばれる、広東省 深圳(しんせん)にある、

Chuwi (チューヴィ) 社掃除ロボット

タブレットが廉価で好評のメーカーです。

 

白を基調とした、キレイな見た目。

どんな家にでも、難なくなじみそうですね。

 

このタイプはペットの抜け毛に対応したタイプで、かなり吸引力が高いモデル。

先頭にある2つのブラシで壁際に対応してくれます。

 

 

機動性もいい。壁に近づくとしっかり減速してくれます。

なんとも"赤外線"で、壁を察知してくれるとのこと。

【注意】 黒い 壁・障害物に感知しづらいとのこと。コワレモノにはお気をつけて!

 

 

ILIFE V3s Proには、3つ掃除モードがあります。

①スポット掃除…回転しながら、一箇所を集中的に掃除してくれる。

②エッジ掃除…壁際に沿いながら移動し、掃除。

③予約掃除……タイマー機能つき!

 

(基本的には、「ランダム運転→②エッジ掃除」の流れで動きます)

 

リモコンでそれぞれのモードに切り替えながら、 掃除が可能です。

 

 

【写真に注意!】1時間ゴミを吸い取った結果…!

最初はもちろん、からっぽの状態から。

f:id:shinK:20170820014739j:plain

 

・8畳のベッド (寝室)

・畳4.5畳の和室

・10畳分のフローリング 

の三つのスペースを掃除してもらいましたぞ……。

 

 

そうしたところ!!

(ホコリっぽいので、閲覧注意)

 

 

こんなに取れました!!!

f:id:shinK:20170820014803j:plain

 

 

ダストボックスを見てみた感じ、こんなゴミを取ってくれました。

・髪の毛、糸など 「細いゴミ」…◎

 (ただしブラシに絡まる可能性あり、こまめに取ってあげるのがベター)

・0.1mmレベルの「チリゴミ」…◎

 (ボックスから落として叩いてみると、パラパラと落ちていく!)

・木くずなど「小さめのゴミ」…◯

 (サイズ、長さによって吸引しきれないものも)

・紙などの大きめのゴミ…(非推奨)

(ティッシュ、ビニール袋などの大きめのゴミは「タイヤに絡まる可能性が高い」ので、事前に除けてあげること!)

 

 

 

…いやいや、一日でいろんな人が出入りして、

チリゴミがこんなに溜まっているとは思いませんよね……。

以前はダイソンで頑張っていたけどこんなに取れたっけな…?

 

 

これだけゴミが蓄積するのに、毎日きめ細やかに掃除するのって、

労力がものすごーくかかりますよねぇ…。

 

ロボット掃除機を導入すると、こうした労力を大きく軽減できます。

極力荷物を寄せてあげると、ガッツリと髪の毛や食べかすを除いてくれます。

(ペットのいる家庭には特に推し)

 

ぜひとも「ILIFE V3s Pro」を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

消耗品の「ブラシ」「フィルター」もどうぞ。

 

【追伸:2018.1.30】4ヶ月使って思ったポイント

この記事を書いたのは2017年の8月、5ヶ月経って感じた点をまとめます。

 

①パーツの「ブラシ」は伸ばしてあげよう!

頭に2つある「ブラシ」なのですが、

これ、髪の毛がからみやすいのです。

 

ちゃんと取ってあげないと、"ガタン、ガタン"

「ブラシに乗り上げてしまうような、不自然な動き」になります。

髪の毛は取って、ブラシが広がるように保存してあげましょう。

 

 

*1: アメリカ iRobot社の代表的ブランド

*2:履歴をもとに、地図を把握する技術