片岡、100年越しの故郷へ。

Return to My roots, from Hokkaido.

【口コミ】個人事業のクレジット決済に「スクエア(Square)」はラクチンすぎ!手放せないぞ!


スポンサーリンク

f:id:shinK:20170727030449j:plain

どうも、片岡です。

はりまや橋ゲストハウスで店主業してます。

今年から、この宿でもクレジットで決済ができるようになりました。

 

スマホに挿すだけで使えるようになる、

「スクエア(Square)」を導入したからね。

 

 

 

スマートなクレジット決済を実現。"スクエア(Square)"

 

 

 

クレジットカードで決済したい!だけど

どんな機材を導入したら良いかわからないですよね。

コンビニやデパートにあるような、

→こんなの

http://timesofindia.indiatimes.com/thumb/msid-30392780,width-400,resizemode-4/30392780.jpg

じゃあ場所を取ってしまいますし、そもそも大掛かりなレジを購入するわけにもいきませんよね。

 

そこで、

・コンパクトで

・使いやすくて

・支払いも安く!

できるクレジット決済の「スクエア(Square)」をレビューします。

 

 

スクエア(Square)とはどんなクレジット決済ツール?

お手持ちのスマホタブレットEMV準拠の安全なクレジットカード決済機能を持ったPOSに。売上分析から顧客管理まで、事業に必要なツールがすべて揃います。

 

Square(スクエア)はアメリカ・サンフランシスコに本社を持つクレジット決済企業。

かのTwitterを始めた、ジャック・ドーシーが立ち上げた会社です。

http://internet.watch.impress.co.jp/img/iw/docs/600/644/sq00.jpg

【画像参照】モバイル決済「Square」が日本上陸、Twitter創業者が開発 -INTERNET Watch Watch

 

 

特徴①導入スピードがすごく早い!

必要なツールは3つだけという利便さ。

 

f:id:shinK:20170727025634p:plain

①Squareリーダー:アップルストアビッグカメラ、コジマでも購入可能。

 

②POSレジアプリ:申し込み(登録)はこのアプリで完結。「事業者名、住所、銀行口座」をご登録して、最短5分で申請完了できる内容なので非常にスピーディです。

 

スマホ/タブレットiPhoneiPad、アンドロイドのどれでも対応可能

 

 

 

特徴②手数料が安い!

具体的には…

1. カード決済の発生時のみ、決済手数料が発生する仕組み。

 

2. 主要6社のクレジットが使える。3.25%〜3.95%のみの手数料で済む。

具体的には…

_VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、American Express(アメックス)、Diners Club(ダイナーズクラブ) Discover(ディスカバー) の5社=決済額から 3.25% の手数料を支払う。

_JCB(ジェーシービー、ほぼ日本のみ)=3.95%の手数料。

 

_緊急時には"手打ち"でも決済可能 (ただしVISA、MasterCard、American Express の3社のみ)=3.75%

 

3.  毎月かかる手数料はなし。

 

とどのつまりは、こちら側が支払うコストは少なく、クレジット決済システムを使えるってわけですね!

 

最近では日本にユーザーの多い、JCBカードも使えるようになりました!

 

 

こんな人におすすめ

①購入・登録した主体の95%以上は個人事業主や中小企業とのこと。

 

…初期費用4,980円のみで、導入ができるので「クレジット決済システムを導入するハードルがかなり下がった!」と喜ばれるツールとなっています。

 

もちろん、いろんな業種でも対応できるので、複数の業種にわたって事業をひろげる人にもオススメですね。

f:id:shinK:20170727023147p:plain

 

 

この小さく、iPhoneiPadに挿すだけで使える機材がたったの4,980円!

他のクレジット決済システムと比べても格安でスピーディなので非常にオススメです。

 

 

ゲストハウスを営む側としての問題意識は、ユーザーの変化にあり

 

決して広いわけではない、我らがはりまや橋ゲストハウス。

ぶっちゃけ言うと、50平方メートル程度の間取りしかありません。

こうした小さな場所が生き残るには?

まずは毎月ゼッタイに必要な、コストを抑えることです。

場所代、人件費、光熱費…。特に大きなウェイトを占めるのは人件費です。

 

人件費を多く掛けないなら、何を省くか?

"働く人の負担を省くこと"であります。

「掃除をする」「人の出入りを管理する」

そして「現金を管理する」……

 

過分にアレコレと心配することは働く人にとってエネルギーを使わせてしまうわけです。こんな不必要なコストを無くすようにして、もっともっと面白いと思えることにエネルギーを使える場所にしたい。

 

そんな風に小さな宿を運営する側として願うわけです。

 

 

「現金が盗まれるかも…目を離してられないわぁ……」

というエネルギーを使わせないよう、Squareを導入してみてはどうでしょうか。

 

 

※今ならキャッシュバックのおかげで、"実質無料"で買えます!

スマートなクレジット決済を実現。"スクエア(Square)" 

申請は"こちら"から。

 

 

 

ゲストハウスに便利なツールまとめ

www.shingokataoka.com