高知市・史上最強のランチ「酒亭 どんこ」をここに記そう。ここは優しく噛み締めたくなるような雰囲気だ…


スポンサーリンク

どうも、片岡(@KT_Okey)です。

 

幸い友人に恵まれ、高知市内だけでも美味しいと呼ばれるお店には数十件足を運ぶことができています。良縁に恵まれて嬉しい限りです。

アシスタント界隈でもかなりグルメなのでは…と勝手に思っております。まぁそれでも評論家に比べてはたかが知れていますが。w

 

 

さて、ずっと書きそびれていた反省に、「高知市で史上最強のランチ」があるのでここに記します。

少なくとも、僕の友人たる人には「頼むから時間作って行って!行ってもらわないと困るから!」と念を押すくらいには。

雰囲気も含めて"高知県文化遺産"にして欲しいくらいですわ…。

 

そのお店の名は「どんこ」です!

 

夜は、名料亭の顔を持つ「どんこ」 という店。

 

2017年5月22日時点で、「食べログ」にて全国TOP5000に名を連ねるような、

高知市内でトップクラスの料理店。それが「どんこ」です。

f:id:shinK:20170522012633p:plain

 

 

「どんこ」で検索したら、お会いしたことのあるトップブロガー・立花 岳志さんの記事がありました…。立花さんまじっすか!

 

【※夜の部を参照される際はこちらをどうぞ】

高知市 酒亭 どんこ — ワイルドすぎる古民家の土佐料理屋さん ちょっとビビったが何を食べても美味かった!! [2014福岡・高知旅行記 その19] | No Second Life

 

 

夕方から仕事のある僕は中々夜の部には顔を出せません。

 

が、が!

この超絶クオリティのお料理を、お昼にいただくことができるのですよ…。

というわけで、ここからレポートしていきます。さぁ行くぞ!

 

大通りから、細道へ行くと。

 

場所は高知駅からはりまや橋の中間に位置する。

 

 

うっかり通り過ぎそうになるので要注意。

f:id:shinK:20170522015155j:plain

 

 

黒板が掲げられていれば、営業中の合図なり。

道は細いけども、勇気を持って入っていきましょう。

f:id:shinK:20170522015259j:plain

 

 

 

f:id:shinK:20170522022923j:plain

 

 

中に入るとそこは、

まるで別世界のようだった…。

f:id:shinK:20170522020109j:plain

とても高知市・中心部とは思えない空間です。

 

物品のダンボールが積み重なっているが、そこはご愛嬌。

雑多な印象を覚えますが、お味・雰囲気は僕が保証するので優しくスルーしましょう。

 

 

店内は手前から、

・大テーブル席 × 4席(?)

・カウンター × 5席(?)

・掘りごたつ × 2つ とコンパクト。

外に視線を投げかけると、猫がのんびり過ごしてます。

f:id:shinK:20170522020326j:plain

お優しい店主さんが、注文を訪ねてくださいます。

物腰柔らな方です。スタッフのおばちゃんも大体2人ほどいらっしゃいます。

 

 

そうして、待つこと5分ほど…。

 

…さぁ、きました。

「どんこ」の誇るランチがこちらであります……!!

f:id:shinK:20170522021131j:plain

 

 

__つややかに待ち受ける、高知県産のお米…。

もうここから第一印象は抜群だ。(しかし一口目に、お米は絶対にいけない!)

f:id:shinK:20170522021256j:plain

 

最初は、みそ汁を口に含んで欲しい…。

味噌汁は丹念に下味のついた白味噌で、お口をまっさらにしてくれる。

優しげな気持ちになれる名品だ。

f:id:shinK:20170522021445j:plain

24年の人生で、最上の味噌汁は「どんこ」だと思う。

 

 

目に飛び込むは彩り豊かな、お皿の数々。

f:id:shinK:20170522023317j:plain

 

肉厚な、カツオの刺身に。

f:id:shinK:20170522023536j:plain

 

ナスの天ぷら。

果実の柔らかさが今でも思い出せる…。

f:id:shinK:20170522023637j:plain

 

白魚・漬物に、レンコンの煮物…。

"豊かさ"は、ここにもあったのだった。

 

 

あの素晴らしい頃を、もう一度。

店内では、"ジリリリン"と黒電話の音が響き渡る。まさかまさか黒電話にお目にかかるとは全く思いもしなかった。

さらにBGMに流れる音楽は、「花の首飾り」ではないか。

個人的にこの歌は、叙情的な詞で好きである。

youtu.be

 

あぁ、ここには昭和が残る昔ながらのお店…。

いや、ここは古民家そのままなのだ。

永遠に残っていて欲しいと願う。

 

 

全てを馳走になり、ひとたび外に目をやると、

ネコがごろりと眠っていた__。

f:id:shinK:20170522024521j:plain

 

「どんこ」は、雰囲気と丹念な仕込みが素晴らしいお店であります。

高知に訪れた皆さんには、必ずや訪れて欲しいと願うばかりです…!

 

 

詳細情報はこちら。

【時間】

お昼の部:11:30~売切 (12:30までには売切の可能性)

(※祝日 は休み)

 

夜の部:17:30~23:00 (ラストオーダー 22:00)

(不定休・日曜も営業)

 

【住所】

高知県高知市はりまや町 2-1-21