【タイ2日目】カオサン通りから、中心部へ移動する。


スポンサーリンク

 

www.shingokataoka.com

www.shingokataoka.com

 

移動による体力の消耗をする中、どうにか1記事を書き上げようと思った次第です。

今回はさっと1記事お送りします。

 

カオサン通り→中心部へ。

当日、11月8日は朝9時にゲストハウスを出発。ちなみに日本人が多数宿泊すると有名な「NAT2ゲストハウス」に宿泊しておりました。

 

 

世界史で学ぶはずでありましょうチャオプラヤ川へ向かいます。ゲストハウスからは西へ向かうことになります。

そこから船着場へと向かいます。そこから30分ほど、南への船旅となります。

f:id:shinK:20161114172012j:plain

 

f:id:shinK:20161114172023j:plain

 

チャイナタウン(中華街へ)。

チャイナタウンへと到着。 

f:id:shinK:20161114172417j:plain

中華系の人々、いわゆる華僑と呼ばれる人々は各地で中華街なるコミュニティ・街を作っているのですが、

こちらバンコクもご他聞に漏れず、広大なチャイナタウンがあります。

あまりの人の多さに、1日はかけないと回ることはできなさそうです…。

 

f:id:shinK:20161114172536j:plain

f:id:shinK:20161114172540j:plain

 

バスでカオサン通り近くまで戻る(アクシデント)のお昼。

そこからバンコクの始発駅、バンコク中央(フアランポーン)駅へと戻り、バスに乗って目的地を目指したのですが、

タイは崩御されたプミポン国王の慰霊によって交通整理の最中。

 

 

本来の目的地から、カオサン通り近くまで戻ってしまうミスをしてしまうのでした。

(僕がナビゲーションしてたのですが、ヘタクソですみません…) 

 

予定を変更し、世界遺産にも登録*1されているワット・ラーチャナッダーへ訪問。

広大な敷地に、当時の国王であったラーマ3世が子孫のために建立したこの寺院は絢爛豪華でありました。

 

f:id:shinK:20161114172744j:plain

f:id:shinK:20161114172750j:plain

 

夜の繁華街と、イスラムテイストを味わう夜。

f:id:shinK:20161114172853j:plain

 

夜はふたたびバンコクの中心部へ。イスラム圏の商店街に、街中を散策する夜でした。

 

f:id:shinK:20161114172909j:plain

現地の言葉を覚える事、それは。

さて、現地に到着して一つの言葉を覚えました。

"コップンカップ"

つまりは、「ありがとうございます」です。

 

タイも英語は通じるので、タイ語ができなくともどうにかなるケースが多いのですが、

 

このとき、唯一話せるこの"コップンカップ"を一番最後に伝えるだけでも、相手のタイ人の方の笑顔が垣間見えるわけです。

 

その瞬間、ほんの僅かに心を許されたような雰囲気になるわけです。

 

このとき、僕は、

現地の言葉を覚えることは、一種の通過儀礼であるのだ

と悟りました

 

英語を使うだけでも普遍的には使えますが、現地の言葉は是非とも覚えていきたいところですね。

 

この日覚えた言葉…

コップンカップ (女性はコップンカァ)

サワディーカァプ(カァ)

 (=おはようございます、こんにちは、こんばんわ…全時間帯で使える挨拶) 

 

三日目に続く…。

 

 

*1:2005年に登録された