Re-vival from Kochi.

北海道出身の筆者が、祖父のルーツを求めて高知県に戻りました。ブログを書くことを通じて、もう一度生き直します。

よさこい祭りのシーズン開幕。見ておきたいチームをまとめてみたよ。


スポンサーリンク

お盆シーズンが近づいてきました。皆さんはお休みですか?

僕は高知市内を駆け巡っています。w 道産子ブロガー片岡(@KT_Okey)です。

 

高知市は今まさに「よさこい祭り」の真っ最中です。

 

ぜひ見ておきたいチームをまとめてみました。

 

f:id:shinK:20160811105352p:plain

南国土佐・高知「よさこい祭り」公式Webサイト

 

 

 

目次

 

入賞の常連!華やかな強豪チーム

①ほにや

「観るだけで泣ける」とも言わしめる、現在最強チーム。

北海道・YOSAKOIソーラン祭りの「新琴似天舞龍神」のようなイメージでしょうか。

(地元民並の感想)

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-44-ea/yososan_kyoto/folder/1543444/30/63010530/img_0

 

現代風にアップデートした和雑貨・衣服を作る、有限会社「ほにや」が母体。

"一生懸命、真面目に楽しむうよさこい"を謳っており、その洗練度は抜群です。

 

なんとよさこいを総合的にサポートする事業もしており、「衣装」から「チーム作り」まで可能だそうです。これは確かに強いはずだ…。

 

アシスタントの先輩、サトモトヒロノリさんも掲載しています。

www.hironorisatomoto.jp

 

ホームページにも毎年、タイムスケジュールを掲載しています。必ず見てみてほしいチームです!

 

photo|よさこいプロデュースや衣装・和雑貨通販ならほにや

 

②濱長 花神

http://blog-imgs-64-origin.fc2.com/8/7/k/87kagura/2014-hanakagura-banner.jpg

芸妓さんが多数おり(Facebookページもあった!)、お座敷あそび・「お座付き」(三味線や太鼓の伴奏に乗せて舞を披露する)など伝統文化の色残す、土佐一の料亭「濱長」

 

トップ常連であるこのチームは、「土佐の伝統文化」息づく佇まいが素晴らしいとのこと。

 

おもてなしの心を、踊りで表現する濱長。踊り手さんの洗練度は見応えありますね!

www.k-hamacho.com

※姉妹チーム「濱長 夢神楽」が今年、誕生しました。こちらも注目です!

 

③十人十彩(じゅうにんといろ)

http://pds.exblog.jp/pds/1/201308/20/97/a0296897_0495572.jpg

昨年度2015年に一度、休止した強豪チーム。今年は数多くの支援の甲斐あって復活しました。

その腕前は根強い県外のファンも多く、県外遠征も数多く。

休止の淵から舞い戻った力強さはどんなものか?注目です。

www.nagahama-hp.or.jp

 

④とらっくよさこい

毎年、この一目見るだけでグッと注目を集める衣装が注目ポイント。

http://www.form.st/uraura/index_img/photo02.jpg

こちらも一度は休止に追い込まれたチーム。不況のあおりなのか…?

 

スポンサーだった「トラック協会」の撤退からクラブチームとして復活したこちらも名門中の名門。現在は「ちふれ化粧品」が新たなスポンサーとなりました。

 

クラウドファンディングを一つの契機に、強豪未だここにありを示せるか見てみたいところです。

www.ikedahayato.com

とらっくよさこい TOP

 

 

 

が、これだけではよくある「まとめ記事」でしかないですよね。

というわけで、片岡の独断で見てみたいチームをまとめてみました。

 

独断と主観!(私、片岡が個人的に見てみたい)チーム

①ネットでよさこい高知

インターネットを介して申し込み振付DVDを視て自宅で猛特訓。祭り前日に初めて集合して合同練習。16年間変わらない振付楽曲で2日間祭り本番を踊りぬきまた来年高知で会いましょう!

 

youtu.be

このチームはなんと、メンバーは事前にDVDで予習し、祭り当日に全国各地から高知に結集した即席?チームなんです。

しかも、出場16回を数えてます!なんとクオリティの高い…!

 

北海道高知県人会&県庁正調クラブ

北海道から参加して今年で20年目となります。よさこいの原点である正調鳴子踊りを踊り続けています。北海道と高知のよさこいファンが一緒になって、よさこい祭りを楽しんでいます。

"YOSAKOIソーラン祭り"の本拠地、北海道からも参戦。高知県と北海道は坂本家をはじめとし、たくさんのつながりがあります。

 

伝統的・オリジナルである正調鳴子踊りをベースに振付を構成。ぜひ見てみたいチームです。

 

ちなみにYOSAKOIソーランは、「よさこい踊りを北海道のソーラン節と混ぜ合わせた」踊りなんです。今や日本随一の規模になり、6月の風物詩になりました。

 

 

 

高知大学南溟寮(なんめいりょう)

我々、高知大学南溟寮は計160人の男子寮です。他とは違う踊りに御期待下さい!!

 

youtu.be

youtu.be

な、なんだこのゆるさ加減は…。

オール男子学生の寮ならではのカオスワールドw

 

ぜひ見てみたいものですが、どこにいるんですかねぇ。

 

【追伸】おおとよ

 

先月まで大豊町におりました。そこでは碁石茶親衛隊にも携われたんですよ。

www.884hasiru.com

 

その親衛隊の方や、現地で知り合えた多くの方々が大豊町から参戦しています。

今年のテーマは「新たなる軌跡」昨年のテーマに続き、その道筋をこれからも刻んでいくと言う意味です。衣装は高知文化服装専門学校さんにリメイクをお願いし、今までと違ったイメージの衣装になりました。

 

眼前で知り合って、話した人々が一瞬に懸けて踊る姿は心を熱くさせますね…! 

ファイト!チームおおとよ!

 

 

 

…さて、僕はここから街中を巡ってきます。予定と上の注目チームを見に行くのです。

今日11日が本番ラスト、12日は"全国大会"、"後夜祭"と最終日になります。みなさんぜひ高知県へGO!