Re-vival from Kochi.

北海道出身の筆者が、祖父のルーツを求めて高知県に戻りました。ブログを書くことを通じて、もう一度生き直します。

そういや、坂本龍馬の子孫が"北海道"に渡ったことを知ってますか?


スポンサーリンク

どうも、元・道産子の片岡です。

生まれは北海道、血筋のルーツは高知県です。

 

高知県といえば、坂本龍馬

のことは、名前だけでもご存知かと思います。

 

f:id:shinK:20160612191240p:plain

「何やった人だっけ?」という人のためにざっと書き記すと、

当時の国際情勢に立ち向かうべく①「新政府の樹立」*1を目指し、そのために江戸幕府から政治を行う権利を引き取る②大政奉還に関わった功労者の一人です。

*2

極端に言えば「265年続いた江戸幕府を倒した人」坂本龍馬なのです。

 

 

その土佐・高知の英雄たる龍馬が、北海道へ渡ろうとしていたことはご存知ですか…?

ここから龍馬をはじめとした"坂本家と北海道"について書き記していきます。

 

 

 

 

 

龍馬は"蝦夷地・北海道"に夢を抱いていた

 龍馬は大政奉還と同時に"北海道移住"を夢見ていました。

なぜこの夢を抱いたか?龍馬が結成した貿易団体(商社の先駆けとも)、"亀山社中"(のちの"海援隊")

事業の一つとして北海道開拓、また日本海の天然資源の流通を目指し、大きな野望を持っていたからです。

 

 これは龍馬自身が北海道に出向いて判断したわけではなく、倒幕派の政治団体「土佐勤王党」の北添佶磨の視察によって"北方海防" "開拓事情"の情報をもらっていたためでした。

 

その後(北添 佶磨 (きたぞえ きつま)は)、安岡直行、能勢達太郎、小松小太郎と共に奥州蝦夷地などを周遊して北方開拓を発案。これは、京にあふれている浪士たちをそのまま蝦夷地に移住させ、対ロシアを意識した屯田兵と化し、治安回復、北方警備を一挙に行なえる可能性をもった計画だった。

北添佶摩 - Wikipedia より引用*3

 

 当時はまだ"未知の大地"へと行くために、龍馬は北海道移住をめざして大政奉還を実現させました。北海道へ渡り開拓する夢を持ちながら。

 

しかしその矢先、龍馬は京都の近江屋で、幕府派の警察部隊「京都見廻組」に暗殺されました。

こうして北海道移住の夢を果たすことなく、天命を終えたのでした。

 

"龍馬の夢"を、その子孫たちが描いた。

龍馬の夢は、若かりし頃から付き添っていた子孫たちに引き継がれていきます。

 

 

http://www.geocities.jp/hmtaka_ki/image/2nao2.jpg

坂本 直 さかもと なお(→函館) 1842~1898

 龍馬家の二代目。龍馬家の養子になるまで「高松 太郎」

のちに叔父・龍馬の養子となって坂本家の2代目当主を名乗ります。幼少期から龍馬と接点が多かったそうです。

 そのため龍馬の紹介で「龍馬の師・勝 海舟」のもとで航海術を学び、貿易団体"海援隊"の幹部として活動。そして龍馬ともども北海道移住を目指していました。

 しかし、龍馬暗殺の報を聞き、直は愕然とします。

        「あぁ、あの叔父上が死んだ…」

慕った叔父・龍馬の夢を継ぐべく、明治政府樹立後に函館裁判所権判事(役人)としてわずかな期間ながら、北海道へ渡るのでした。これが坂本家最初の北海道上陸です。

その後、龍馬家の養子となり1871年に「坂本 直」と改め、高知に帰郷。妻・息子、弟の「坂本 直寛(さかもと なおひろ、下記参照)」の 北海道行きを見届けるのでした。

 

その息子、直衛(なおえ、1884~1921) は叔父・直寛と空知郡浦臼の「聖園農場」の発展に力を尽くしました。

しかし、生涯独身だった直衛は船上にて事故死してしまい、龍馬の分家は直衛で途絶えてしまうのでした。

(これ以後の坂本家は、龍馬の兄・権平の血筋が続いていくことになります。)

 

 

http://www.wlpm.or.jp/uroko/samurai/naohiro.jpg

坂本直寛(→北見→浦臼)  1853~1911

 直の弟、幼少期は「高松 周吉」その後、坂本家分家の養子となり「南海男(なみお)→直寛」と名乗りました。

 若かりし頃は自由民権派の政治家として、名弁士として活躍。西洋思想を学ぶために"キリスト教"に入信。彼をきっかけに坂本家の人々はクリスチャンが多かったのでした。

 その高知県議会議員を辞めてまで、独立自尊とした農業開拓を志し、1898年に北海道移住しました。

当時の直寛の心境が以下のように残っています。

 

 「将来日本社会に一つの潔き義に生きる、神の国を作りたく」

 

 その後、北見・訓子府に開拓団体「北光社」による農業開拓を主導、のち空知郡・浦臼にある「聖園農場」を経営し、北海道内で農業開拓・聖職者として生涯を全うしました。

 

その子孫の一人に、北海道出身の画家「直之(なおゆき)」がいます。

 

 

坂本直行(→十勝) 1906~1982

f:id:shinK:20160613050322j:plain

 坂本家8代目当主。農業・畜産業を営む傍、画家として北海道の大自然を描き続けました。名前を音読みにした「チョッコウ」さんと呼ばれて親しました。

 

f:id:shinK:20160613050436j:plain

⬆︎透き通ったような、淡い線が特徴的。厳しい北海道の大自然を描く

 

f:id:shinK:20160613050455j:plain

⬆︎北海道の銘菓店六花亭の包装紙を描いたのは、実はチョッコウさん。

描かれている花々は"十勝六花"と呼ばれる*4

 

 

 

北海道に残る"坂本龍馬"の記録

坂本家の資料についてまとまっているのは以下の資料館です。僕はこちらの資料館・HPを参考にさせていただきました。

 

「北海道坂本龍馬記念館」http://www.ryoma1115.com/

 

高知県立坂本龍馬記念館http://www.ryoma-kinenkan.jp/

2017年4月1日から2018年3月31日まで、改装リニューアルにより休業中

 

「海を渡った"龍馬"たち展」が、期間限定で開催されていました!

(2017年7月1日まで)

f:id:shinK:20160613051615j:plain

あまり多くの写真は出せませんが、こちらも参照にしながら、「高知と北海道」のつながりを得ていきました。

写真・資料やチョッコウさんの資料・絵画と資料が豊富です。

当時の息遣いがよく伝わる、いい特別展でした。

 

関連書籍もこちらに掲載しておきますね。

こちら、実際に見つけた書籍です。関心がある人はポチッとどうぞ。

坂本龍馬と北海道 (PHP新書)

坂本龍馬と北海道 (PHP新書)

 

 

坂本龍馬―志は北にあり

坂本龍馬―志は北にあり

 

 

【追記】「北援隊」という高知応援組織もあるそうです。

hokuentai.com

 

 

 

 

さいごに

いかがだったでしょうか?ここでは重要人物をざっとまとめた感じにはなり、悠長には書くまでには至りませんでしたが…。

 

しかし、こうした野望・理想郷を目指して開拓しようとした人々の底力には敬服します。僕らの活動は、そうした夢を持っているでしょうか。何かそんなことが問われたようにも感じます。

 

これからも僕の家族の故郷である"北海道と高知のつながり"を記していけたらと思います。

 

これからもどうぞよろしくお願いします。 

 

 

 

「北海道と高知」のつながりを描いた記事はこちら。

 

 


*1:"明治政府"のこと

*2:(当時は、アジア各国はアメリカ・イギリス・ロシアといった欧米各国に主権を奪われ、それら各国から国土防衛する必要があったのです)

*3:龍馬と同郷の志士。新撰組が襲撃した"池田屋事件"で深手を負い、自害した

*4:(ハマナス、エゾリュウキンカ、エゾリンドウ、カタクリシラネアオイオオバナノエンレイソウ)