"自分だけの辞書"をつくろう

~Create "Brain MAP" yourself~

【徒然なるいつものことを】日記

人間にとって、「天から与えられた使命がわからない」ことは悲しくて、辛いこと

天命がわからず、苦しむ人がいる。何でもできる器用な人、頭のいい人。 逆に何をしていいかすらわからない人、できないと信じ込み、動かない人もいる。 僕もこの側の人間である。 久々の対話を通じて再考する 先日、久々に更新をして、たくさんのメッセージ…

【コラム】なぜ「うさんくさい!」と、ミニマリストへの批判は起きるだろうか。

( 2017.7.4 修正しました) どうも、片岡(@KT_Okey)です。 2015年に「ミニマリスト」の概念を知りました。 有名な本としては、まずはこれを参照に。 ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - posted with カエレバ 佐々木 典士 ワニブ…

なぜ、ロジックは万能ではないのか。

道産子ブロガー片岡です。僕は弁論部出身で、散々ロジック(物事をわかりやすく整理する型)を追求してきました。 おかげで「根拠を積み立てる癖」がつきましたし、考えるための型は少しは身についたと感じています。 しかし、そうした経験を通じて「ロジック…

「離婚したからって、そこで家族は終わりじゃない」これからの家族はもっと柔軟でいいんだ。

どうも、北海道から高知県に移住している片岡 (@KT_Okey)です。 これは、僕の家族の話です。 この経験があるから、僕は「カップル・夫婦だから日常的に同じ環境に居合わせなければならない」という意見は否定します。 むしろ「まだそんな法律関係に(自分で)…

例えば、限界集落にいるとして、”課題を解決する”より「あるものを面白いモノに仕立てる」というスタンスのほうが成功するという仮説。

_「限界集落」「消滅可能性都市」という不名誉(?)な肩書きを得てしまった町があるとしよう。事実、人口はここ40年で40%も減り、65歳の人々は町の人口の半数を越えた。 さぁこのままでは立ち行かなくなる。この町の未来をどうするか。「地域の人々がつながる…