片岡、100年越しの故郷へ。

Return to My roots, from Hokkaido.

【帰省@江別】噂のアンテナショップ・EBRI(エブリ)に潜入。高知のモノがここにも!

 

2017年の一月に、帰省して江別に戻ってまいりました。

僕のもう一つのホームタウンでございます。

 

 

総合商業施設"EBRI"がいつの間に誕生していた…!

www.ebri-nopporo.com

 

2016年3月に、全店舗オープンしたこの店舗。

(これは僕が高知に向かう時じゃないか…)

 

ということで、EBRIへとお邪魔し、レポートしました!

  • 総合商業施設"EBRI"がいつの間に誕生していた…!
  • エブリ…建物は、旧い工場をリノベーション!
  • 店内にある施設は…?
    • ①江別アンテナショップ GET’S
    • ②イタリアンのお店!「イルマットーネ・アルル」
    • ③スイートポテトが美味しそうだ。「ブリック・ハット」
    • ④野菜の宝庫だ!えぶり市場
    • ⑤素晴らしい内装だ!「のっぽろコーヒー」
    • 【余談】江別についてちょこっと解説するとね_。
    • 高知県の「土佐市」と姉妹都市だよ!
続きを読む

全ての問い合わせに対して返信なんてしなくていい理由

f:id:shinK:20170607222959p:plain

いるいる。こういう人。すごい単刀直入だけど。

 

過激なコメントにいちいち反応する人ってさぁ…

 

彼らは、例えばあなたの「勇気を持って発したコメント」に対して、こういう風に反応します。

 

「なんで~の方がいいんですか」

 

「~もないのにどうするんですか」

 

「あなたができるわけないでしょう」

 

「価値ないからそもそも書くなや」

 

 まずね、

・メディアが乱立している時代だってのに、「読まなくていい」ってことに気づいてもいないの

 ・読みたくなければ読まななきゃいいじゃい

・そもそもこんなところで議論する方が不毛じゃない、直接やり合いなさい。(側から見て)楽しいからw 

 

議題の提案者は貴方。つまりゲームマスターは、あなたなんだって

 

記事という形式を通じて、例えばブログやツイッターSNSに投稿したとしましょう。

 

あなたはこの記事に関してはゲームマスターです。

つまり、ここでアップされるコメントに関してはゲームマスターたるあなたに裁量権があるわけです。

 

つまり究極、

「俺がルールだ!」と、気に食わないルール(コメント)には反応しなくてもいいわけです。

あなたの決めたルールに反したコメントにはあなたは反応する義務があるわけではないのですから。

 

 

え?「読者は神様だから、たとえ素性のわからない相手からのコメントでも全部に丁寧に返しなよ」というコメントを受診しました!

 

そんなの必要ないじゃないですか。

だって、あなたが胸襟を開くように話しているのに対して、誰にもわからないようなアカウントにしている時点で、僕は面倒なのでもし自分に飛び火したら困るから本名は隠すよ!

 

だからぼくは素性は隠すけど、お前の言葉がクソコメだと俺が思ったら全力でリプライするよ!万が一炎上したら困るから素性は隠すけどね!

 

って言っているようなもんじゃないですか。

匿名アカウントのコメントは、責任を取るつもりは全くありません。

 

で、言うだけ言って、それで終わり。

俺の人生全てかけて、お前をナイフで直接殺してでもお前のコメントを否定してやる!

 

なんて気を持っている人は、いますか?

あなたの人生に関与するつもりなんて、元っからないのです。

彼らのアンチコメをする心理は何でしょうか?

 

「お前のルールが気に食わない」

ただ、それだけです。

 

ゲームマスターであるあなたは、ルールに従わないプレイヤーに対して除外する権限があるわけです。Twitterのブロックも、ゲームマスターたる全ての人が持つ権力なのですから。

 

だから、「誰に対しても丁寧に返信」なんてする必要なんてないんですから。

 

貴方を必要としている世界で生きましょう。

それから、太い精神を養って社会に飛び込んでもいいんですから。

 

別に拘らなくていいんですって。

と言う話でした。

【JR高知駅】ウィリーウィンキーで朝食を。おそらくここが"最速"でしょう!

どうも、片岡です。

最近、モーニングを実施しているお店を開拓しては調査しているのですが、

 

「はて、どこが一番早く開いているのだろう?」と思い至るようになりました。

 

どうも調べていると、高知市の中心部・はりまや橋近辺ではなく、

高知駅内のお店らしいのです。

 

ということで現時点では、

ここが「高知市内でいちばん早く開くモーニングのお店」です!

 

「高速バスで早く来たけども、朝食どうすんねん!」となりそうな僕の友人にお届けします。

続きを読む

あなたの「マンネリ化した文章」を面白くするには?3つのヒントを提示しよう。

f:id:shinK:20170604145156p:plain

最近、文章が淡々とした感じで書いてておもしろくないなぁ

と、悩んでいる方に。

 

そんな状態に陥っているのは「精神がうまくセッティングできてない」だけなんです。

マインドセット、ですね。

 

文章を書く時にちょっと思い出してみてくださいね。

ちょっとした心がけで文章が単調にならず、書くリズムが戻るものなので!

続きを読む

今世は諦めます。

 

 

こんなコメントをいただいた、先日6月1日。彼は前々から北海道に行きたいようだ。

よく考えれば、家族四人で高知から北海道なんてかなりハードモードである。2001年8月に廃止されてから、遠い縁でつながる高知と北海道は羽田で経由しなければならない。

続きを読む

【コラム】斎藤佑樹が好きだ。ファンとして7年間、彼の姿を観続けてきて。

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170531-00000274-sph-000-view.jpg

 

2017年5月31日、舞台は札幌ドーム。

斎藤佑樹投手が623日ぶりの、約2年ぶりの勝利を飾りました。

札幌での勝利に至っては、900日ぶりとのことでした。 

 

 

日本ハム斎藤佑樹投手が31日、本拠地でのDeNA戦に先発し、623日ぶりの勝利を手に入れた。5回0/3を投げて5安打2奪三振1失点と好投すると、主砲・中田のバットが3安打5打点と爆発。背番号「1」に待望の白星をプレゼントした。

 斎藤は、初回に2死からロペスに中前打されるも、筒香を二ゴロに仕留めて無失点。2回と3回を連続で3者凡退とすると、4回も走者を三塁まで進めながらも失点しなかった。

 5回には、2死二塁から許した倉本の左前打で二塁走者が本塁を目指したが、左翼・大田の好返球でアウト。6回先頭の桑原に左翼へ二塁打を許したところで81球を投げて降板した。

日本ハム斎藤佑樹623日ぶりの勝利に笑顔! 主砲中田が3安打5打点の援護 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

 

私自信も、当人も「一勝」を、二年間に渡って待ち続けました。

好投してもテンポが悪いのか援護に恵まれず、

6回に急激に崩れ落ちる試合をなんど繰り返しただろうか。

ようやくお立ち台に上がった姿を見て、ようやく胸を撫で下ろしたのは、僕だけではないはずですから_。

 

 

※この日のダイジェストはこちら。

youtu.be

続きを読む