Re-vival from Kochi.

北海道出身の筆者が、祖父のルーツを求めて高知県に戻りました。ブログを書くことを通じて、もう一度生き直します。

ようやく気づきました。俺は「”文学”がやりたいんだ」ってね。

あなたはどうして、文章を書くのですか?

 

「いいね!」2つ程度の、誰にも読まれているのかすらわからない文章を。

 

 

どうして、文章を書くのですか?

 

たかだか数十程度のPVしかたたき出せない記事を。

 

あなたはそれで生きていけるの?意味なくない?

 

たくさんの幻聴とともに、自問自答する。

たまたま何かを感じ取った記事を開いては読む。

過去を振り返る。

そうしてまた、自問自答する。

 

インターネットの世界では圧倒的後者たる自分は、こうして道無き道を切り開く。

 

そうして、一つの結論に至った。

「俺は文学がやりたいんだ」とね。

 

 

情報過多のこの時代に、文章を書く理由

 

何気ないツイートでも、読まれるのかわからない近況も、記事化した文章でも何でも構わない。

なぜ、読み流されていく文章を、自分は書くのか?

 

すこしばかり自分のことを振り返ってみた。

自分には、絶望的に戦略性がない。

「どうしたら流行りに乗れる?」

「こんなテーマを今書いたら面白いぞ!」

 

シナリオを、描けないのだ。

だから、シリーズが続かない。

その結果が数万PV”程度に留まっている理由の一つであるはずだ。

 

検索向けにキュレーション(まとめ記事)を書こう思えばかけるのかもしれないが、とにかく手が止まる。振り切れないのはなぜだ?

 

 

そうして、一つの仮説にたどり着く。

僕は、”物語”が描きたいのだ。

 

 

■自分のエモーショナルな・感情を揺さぶったあの情景を、物語として伝えたい。

 

その一心が、自分の手を動かす。

「誰かの物語を、僕が書いてやらねば誰が描く?」

そう、これは俺の文学だ。

 

この感動は、他の誰かに伝えたい!高知にきてほしい!自分を痛めつけて絞るようにしてでも書かねばならない!

何かの物語を書くことで、自分という文学が進んでいく。

その文学を作る為に、書くのだと。

 

 

…僕は自分に冷たく・よそ向きに評価してやる。

僕は先駆者にはなれぬ。

飛び込む力が、僕にはあらぬ。

 

あるのは、ほんのすこし好奇心が強く、ほんのすこし無駄な知識が多く、ほんのすこし初対面でも話せる程度のコミュ力であろう。

 

それなのに、自分は「選手」であることを望んでいる。

「評論家もどき」には絶対にならぬ。傍観者で何が面白い?

辛く、苦しい試合場に立つことが、自分の宿命だ。

 

「できねば、引退しろ」

無数の幻聴が、頭の中をよぎる。

 

 

平凡なら、足を動かせ。自分の眼で見ろ。

 

なんにでも興味を持て、代わりに言葉にせよ。

そうして、この感動を書くのだ。物語を書くのだ!

つなげ、繋げ、繫げ!

 

……そうした結果、この一年多少なり評価された記事が出てきただけでも幸せなことなのだろう。今でも多少なりよく読んでくださっている。

 

www.shingokataoka.com

www.shingokataoka.com

 

 

 

今はいつも引退が掛けた1日が始まる。

一瞬に、生きるのだ。物語を紡ぐのが僕が書く理由だ!_

 

 

 

ということを、小倉ヒラク氏のブログ記事より感じたわけでございました。

 

【参照】

hirakuogura.com 

「文学としてのビジネス」において、商品やサービスの未完成な部分、足りない部分は「クオリティの欠損」ではなく「物語が発生する装置」として機能する。「持たざる者である状態」を克服し、完成に向かって進んでいく様が同志たちに感動を与える。エモい。

 

 

 

 

 

「あなたはどうして文章を書くのですか?」

 

自分自身に問うてみる機会を作ってみてはいかがでしょうか。

"4分の1貯金法" など…本多静六氏「人生計画の立て方」は20代に読んでほしい一冊だ!

どうも、片岡(@KT_Okey)です。

素晴らしい本と出会えたのでシェア。

 

「学者 × 投資家」 として大成した、本多静六の著作だ!

 

 

 

本多静六(1866~1952) という人物をご存知でしょうか。

 

https://s.eximg.jp/exnews/feed/ForbesJapan/ForbesJapan_7247_1.jpg

【参照】私が出会った「ステキな投資家」「お金より大切な物語」 INVESTOR1 本多静六 - エキサイトニュース(1/3)

 

彼は「公園の父」と呼ばれた林学博士*1

でありながら、投資家として大成しました。

 

そんな彼の著作に、没後65年が経っても読み継がれている本があります。

代表作の一つ「人生計画の立て方」をレビューします。

 

*1:つまりは学者、東大の教授だった

続きを読む

【文化遺産】聖地・カオサンロードが「古い」と言われる3つの理由。けどもね、一度はさ……

どうも、片岡(@KT_Okey)です。

 

タイ王国には「カオサン通り(カオサンロード)」と呼ばれる、観光名所があります。

http://globe.asahi.com/S2101/upload/2015091800007_4.jpg

朝日新聞 Globe カオサン通り 旅が交錯する街」より  (期限切れにより削除済み) http://globe.asahi.com/terminal/2015091800007.html

 

 

かつては「バックパッカーの聖地」と呼ばれた、旅人ならば必ずは訪れる街でした。

しかし、現在はその様相が変わりつつあります。

この記事で、少しばかりカオサン通りの変化を書き綴っていきましょう。

 

  • カオサン通りの概要
  •  カオサンに来て「僕はどこへでも行ける」と思えた。
  • ①消失する「日本人の時代」
    • 相対的に日本人が減っただけ?
    • 見渡すと欧米人だらけ
  • ②IT革命
  • ③消えていく「日本人宿」
  • 時代は変われど、物語は紡がれていく。
  • 海外を足を伸ばすなら行ってみて欲しい! 「ひろがる自由の空気感」こそ、カオサンたる理由だ!
続きを読む

須崎市が「フランスからのモニター」を募集中!

インバウンド活性化にガチになってます。須崎市。 

 

 

www.shingokataoka.com

 

https://www.instagram.com/p/BFX57vmHCwk/

先輩!何してんすか!先来てたんですね!#鍋焼きラーメン#橋本食堂 にやってきました。真っ黄色の麺は#江別 の#菊水 を思い出す…。ツルッツル!ウメェッ!鶏ダシスープも、鶏も、最後まで頂きたくなる!完食。#須崎#高知のなかの北海道#大泉洋#佐藤真美#HTB#自転車でここまで来てみました#Kochi#Ramen#HokkaidoinKochi

https://www.instagram.com/p/BJ5LgjPgTdX/

ちなみに#黒潮ライン ではこんな景観が見られます。あ、絶景かな。#高知#Kochi#driving#須崎市#sea#japan

 

高知県須崎市、フランス人訪日ツアーを2018年実施予定

7月6日(木)に開幕が迫る2017年度ジャパンエキスポ・パリ「WABI SABI パビリオン」への出展が決定している高知県須崎市が、2020年の東京五輪も視野に、外国人観光客の誘致活動をスタートさせました。

 このたび、フランス人を対象に2018年の須崎特別ツアーへの参加を呼びかけ、応募者のなかから3名を厳選してアンバサダーに任命し、市が無料で招聘。
 ツアーに参加するアンバサダーの方々には、海外から見た須崎市ならびに日本の伝統・地域文化のPRや、さらなる魅力開発に向けた活躍が期待されています。

 ジャパンプロモーションでは、このインバウンド促進に向けた「須崎アンバサダー・プロジェクト」の企画・運営サポートを行っています。

【須崎アンバサダー・プロジェクト】 高知県須崎市がフランスでインバウンド事業を本格展開 | 一般社団法人 ジャパンプロモーション

 

人口3万人の須崎市は、

・漁師、港町

・「須崎まつり」の花火

鍋焼きラーメン

・マリンスポーツ

・横波黒潮ライン

・しんじょう君

と云う強い引き出しを持ってますのでねぇ。

 

うちの宿でもフランスからいらっしゃる方が多いので、"一定期間定住してみたい"と云うユーザーさんがいるのかもなぁ…。

 

各自治体のみなさま、ぜひともインバウンド産業の活性化に一ヒントに。

うちの「魚の棚商店街」でやりたい方はぜひご連絡を!

高知大学の学生さんもぜひ教えたってください〜。

【MAIL】harimaya@henro-guesthouse.com

 

【参照,consultation,référence】

f:id:shinK:20170617034554p:plain

 

Concours pour devenir ambassadeur de Susaki 2018

 

 

「いってらっしゃい」「おかえりなさい」…ゲストハウス店主でよく使う英語をピックアップしてみた。

どうも、片岡(@KT_Okey)です。

 

ゲストハウスの店主をしていると、気軽に挨拶を交わす場面がよくあります。

ここでちょっと自分の備忘録も兼ねて、

「よく使う挨拶」をまとめてみました。

 

(あとは、高知県によく訪れるゲストさん向けにフランス語や中国語*1も書いておきます!)

 

【追伸】なぜ中国語とフランス語を併記するのか?

 

 特に年配の方には、英語を不得手とする方が少なからずいる。

その人ご時世の教育制度か、はたまた母国語への自尊心なのかはわからない。だが、その人の母語を使えることで、彼らとの心理的距離を縮めるには有効な手段である。

 

 そういえばインドネシアジャカルタの住宅街に入った際に、英語が全くと言っていいほど通じないと云う経験をした。

 この話は追々するつもりだが、ローカルの言語を使えると立ち入ることのできるエリアが広がるのは間違いない。

 ぜひとも勉強するきっかけにしてほしい。

 

 

 

①おはようございます

初歩の初歩ですが、朝一番は大事ですぞ。

 

英語:Good morning. (グッド モーニング)

中国語:你早 (nǐ zǎo, ニー ザオ)

フランス語:bonjour (ボンジュール)

 

 

ちなみにもう少し面識のある相手であれば、

早啊 (zǎo ā, ザオ ア) などの表現も。面識を持ったらどんどん距離を縮めてみましょう。

 

②いってらっしゃい

うちのような高知市のど真ん中にある宿だと、気軽に食事で「明神丸」「ひろめ市場」に行く方も多いのでよく使いますね。

 

英語:Have a nice time ! (dinner, night,lunch time...など切り替えてもGood)

中国語:您走好!(nín zǒu hǎo)

フランス語:Bonne journée !

 

フランス語は、少し英語をかじった人なら「英語でこの単語と近いかな?」と云う語句がしばしば見受けられます。

英語ユーザーならフランス語やスペイン語に手を広げてみるのもアリでしょうなぁ。

 

③おかえりなさい

英語:(Hey,~、Hi,~) How was your day?

中国語:欢迎 回来 (Huānyíng huílái)

フランス語:Bonne arrivée

 

…これ、英語の方で僕も使っていたのですが…。

"Welcome back"って、長期に渡って離れていた人贈る言葉なんだそうで。知らず知らずのうちに、このフレーズを使っていました(苦笑)

ゲストハウスくらいの、旅人を迎える空間では、こうした親しみの出るニュアンスの言葉を使いたいものですな。

 

 

気になった言葉を勉強して行く心構えを得る。

https://www.instagram.com/p/BS3aam6hxxv/

フィリピンを中心に、音楽で土佐山に来てくださった皆様。ありがとうございます!#高知#kochi#ひろめ市場#hiromemarket#かつおのたたき#はりまや橋ゲストハウス

 

https://www.instagram.com/p/BQqLHiuBDh_/

偶然性こそ、ゲストハウスの醍醐味なり。よい出会いに有難うございます!#高知#kochi#はりまや橋ゲストハウス#harimayabashi#guesthouse#出会い#奇跡#miraculous#nicetomeetyou

学生時代は少なからず中国語を勉強する機会に恵まれました。

が、使うきっかけや場面に巡り会えず結局そんなに覚えてはおらず…。

 

今の年齢・立場になってようやく勉強してみようと思えました。

ぼちぼちと更新していきたいのもんですね。頑張りますぞ!

 

 

※初歩から英語を復習するならこの本。

大学受験やり直しの頃にやって良かった一冊だったので…!

(この一冊で大体の質問は聞けるようになります)

 

 

中国語の難関は「発音」。

オススメの一冊はこちらとのことですぞ。

 

フランス語はこのくらいウェイトの軽い本からスタートした方がいいのかな。

 

 

【おまけ】英語を学ぶ動機付けに、タイランドへ行こう!

大部分で英語が使えます。 結構通じます!

www.shingokataoka.com

www.shingokataoka.com

www.shingokataoka.com

www.shingokataoka.com

www.shingokataoka.com

 

 

*1:北京語・広東語などの細やかな区別はともかく